logo

Xiaomi、欧米に進出--周辺機器を「限られた数量」販売

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2015年05月19日 12時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国のスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)が、欧米市場で販売を開始することになった。米国、英国、フランス、およびドイツで初めて、「ごく限られた数量」の周辺機器を販売する。販売開始は、米国太平洋夏時間5月18日午後7時。

 Xiaomiは、自社のハンドセットを欧米で販売するつもりはまだないようだが、今回は試験的に、モバイルバッテリ、ヘッドホン、アクティビティトラッカーなどさまざまな周辺機器を販売する。

 Xiaomiは同社のFacebookページで、オンラインストア「Mi.com」のベータ版を上記4カ国で近く開設すると予告していた。

 また、XiaomiはFacebookページに「Mi.com購入ガイド」を掲載し、オンラインストアでは「販売開始前に早めにログインする」よう促している。Xiaomiは新しいハンドセット製品を限られた数だけ販売することで知られており、新製品がわずか数秒で売り切れることがある。

 ただし、Xiaomiのサイトから直接購入する場合、地元の小売業者で購入するのと異なる点がいくつかある。

 たとえば、Xiaomiは製品を「中国の倉庫から直接お客様の国へお届けする」ため、製品には関税がかかることになる。Xiaomiはあらかじめ見積もった額を販売料金に含めており、実際の税関からの請求額とは異なる可能性もあるが、差額は同社が負担する。

 またXiaomiはクレジットカードの利用も受け付けているが、オンラインに対応し国際決済が可能なカードを使う必要がある。同社が推奨する決済方法はPayPalのようだ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集