logo

Oculus VR、Riftの推奨「Windows」PC仕様を明らかに--「Mac」向け開発は中断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebook傘下のOculus VRは米国時間5月15日、同社の仮想現実(VR)ゴーグル「Rift」で必要とされるコンピュータの仕様を明らかにした。

 Oculusでチーフアーキテクトを務めるAtman Binstock氏は同日付けのブログ投稿で、Riftで推奨されるハードウェア仕様として、次を挙げている。

  • NVIDIA GTX 970 / AMD 290以上
  • Intel i5-4590以上
  • 8Gバイト以上のRAM

 さらに同氏は、これらのハードウェア仕様とは別に、Riftでは次が必要になることも述べている。

  • Windows 7 SP1以降
  • USB 3.0ポート2基
  • 297MHzクロックのダイレクト出力をサポートするHDMI 1.3ビデオ出力

 一方で、Binstock氏は、「OS X」と「Linux」向けの開発を中断することも明らかにした。同氏は、その理由について、Windows上でのハードウェア、ソフトウェア、コンテンツにおいて高品質なコンシューマーレベルのVR体験を投入時に提供できるよう注力するためと説明している。同氏は、両OS向けの開発を再開させたいと考えていることを述べる一方で、その時期については明らかにはしていない。

-PR-企画特集