logo

「Apple Watch」に盗難防止上の問題点--キルスイッチ未搭載で他のiPhoneと容易にペアリング

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年05月15日 08時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの新しいスマートウォッチ「Apple Watch」には、窃盗犯にそもそも端末を盗もうという気をなくさせることを目的とした、「iPhone」で提供されているセキュリティ機能が搭載されていないようだ。

 4月から販売されているApple Watchは、成長するスマートウォッチやフィットネスバンドの市場における競争に参入するべく同社が初めて投入したウェアラブル機器である。iPhoneとペアリングするように設計されたこの新しいウォッチは、通話およびテキストメッセージの受信通知や、「Apple Pay」によるモバイル決済のほか、多種多様なモバイルアプリを実行することができる。しかし、iDownloadBlogによると、セキュリティ面で1つ欠点があるという。

 iPhoneの盗難がますます増加していたことを受けてAppleは、2013年に「iOS 7」をリリースした際に「Activation Lock」という機能をiPhoneに追加した。自動的に有効化されるActivation Lockによって、iPhone、「iPad」、または「iPod Touch」のデータ消去または再アクティベートにApple IDとパスワードが必要となり、実質的に端末を盗んでも使用できないようになっている。Activation Lock(「キルスイッチ」技術と呼ばれることもある)の導入以来、米国では複数の大都市においてiPhoneの盗難件数が減少している。

 しかし、Apple WatchにはこのようなActivation Lockはないと、iDownloadBlogのライターであるJeff Benjamin氏は述べている。Benjamin氏によると、独自のテストを実施することにより、Apple Watchの設定をリセットまたはクリアしてデフォルト設定に戻し、パスコードを回避して別のiPhoneにペアリングすることができたという。窃盗犯も簡単に同じことを行って、Apple Watchを売り払ったり自分のものにしたりすることができる可能性がある。

 安心な点としては、パスコードがわからなければ、窃盗犯が個人データにアクセスすることはできないという点である。また当然ながら、腕にしっかりと巻きつけられたApple Watchを盗むのは、手に持ったりポケットに入れたりしているiPhoneを盗むほど容易ではない。しかし、Activation Lock機能が搭載されていないため、Apple Watchを失くしたり放置したりするのは危険ということになる。

 Benjamin氏は1つの解決策として、Apple Watchが、ペアリングされているiPhoneのApple IDとの照合を行い、誰かがその端末とのペアリング解除を試みた場合はパスワードを求めることを提案している。そのような保護策は、Apple Watchのソフトウェアに対するアップデートで適用することができるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集