logo

au 2015年夏モデル--「本気で物販」auショップでECサービスも

坂本純子 (編集部)2015年05月15日 14時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「そろそろ夏が始まる。今日のテーマはSummer au」──KDDI代表取締役社長の田中孝司氏は笑顔で登壇し、2015年夏モデルとなる新製品9機種を発表した。スマートフォン6機種、タブレット端末2機種、フィーチャーフォン1機種のラインアップとなる。

au2015年夏モデル
au2015年夏モデル
KDDI、夏モデル9機種を発表--全機種が「VoLTE」対応、スマホとタブレットの連携も
KDDI、夏モデル9機種を発表--全機種が「VoLTE」対応、スマホとタブレットの連携も
KDDI、“ガラホ”向けの低料金プランを発表--月額1798円から
KDDI、“ガラホ”向けの低料金プランを発表--月額1798円から

 フィーチャーフォンを除く9機種が4G LTEとWiMAX2+に両対応した。また、スマートフォンとタブレットを連携させて着信や表示画面をリンクできる「auシェアリンク」も搭載する。全機種がSIMロック解除が可能だ。

 新製品の発表会では、最初にどの端末が紹介されるかにも注目が集まる。今回最初に紹介されたのは、“ガラホ”(ガラパコスケータイ+スマートフォン)と呼ばれるもので、2月に発売したモデルの後継機種「AQUOS K」だ。OSにAndroid 4.4を搭載しながら、使い勝手も折りたたみ式のデザインも従来のフィーチャーフォンと変わらないのが特長だ。

 今回新たに高品質な通話ができる「VoLTE」と高速データ通信4G LTEに対応したほか、約1310万画素のカメラ、「LINE」アプリもプリインストールされている。7月中旬に発売予定だ。

 2月の発売から好評を得ており、主なユーザー層は40代以上。年齢が上がるほどデータ通信量が少ないことが明らかになっており、通信量が少ない人がいる一方で、タブレットでテザリングをしながら使うハイエンドな層もいるなど、使い方は多様化しているという。また、それほど使わなくても、高解像度の写真を4G LTEでやりとりすればユーザーが思った以上に通信量が増える恐れもある。

 これらの事情を踏まえ、新たな料金プランを設定。月額1798円から選べるほか、ダブル定額、電話かけ放題プランも用意した。なお、2月発売のAQUOS Kもこの料金プランの対象になる。

AQUOS Kの料金プラン
AQUOS Kの料金プラン

au 2015夏モデルのテーマは「カメラ」

2015年夏モデルのテーマは「カメラ」
2015年夏モデルのテーマは「カメラ」

 スマートフォンとタブレットは、カメラ機能にフォーカスした製品紹介を行った。

 F値1.9のレンズとHDR機能を搭載した「Galaxy S6 edge」。プレミアムおまかせオートを進化させ、料理が美味しそうに撮れるモードを搭載した「Xperia Z4」。約1310万画素のカメラで「スーパースロー映像」の撮影や再生ができる「AQUOS SERIE」やF値1.8のレンズと1/2.6のイメージセンサを採用した「isai vivid」。約2000万画素の背面カメラと、約1300万画素のインカメラを搭載した「HTC J butterfly」。感度とホワイトバランスを改善し、画質を向上させた「URBANO」。さらには、海の中でも撮影できるとして、世界で初めて「耐海水」性能を備えた「TORQUE」を紹介した。

「耐海水」性能を備えた「TORQUE」
「耐海水」性能を備えた「TORQUE」

「本気で物販を」--auショップでECサービス

タブレットをカタログとして使いながら、スタッフが客の要望や嗜好に合った商品や定期購入商品を紹介
タブレットをカタログとして使いながら、スタッフが客の要望や嗜好に合った商品や定期購入商品を紹介
モバイルサービスとリアルサービスで目指す「生活革命」
モバイルサービスとリアルサービスで目指す「生活革命」
「au WALLET Market」のロゴ
「au WALLET Market」のロゴ
auショップを軸にモバイルサービスとリアルサービスを展開
auショップを軸にモバイルサービスとリアルサービスを展開
LUXAと協業し、スマートフォン向けに日替わりでサービスや商品の販売も
LUXAと協業し、スマートフォン向けに日替わりでサービスや商品の販売も

 田中氏は、「新しい自由 auとして今年は一気に走り抜けようという思いがある。モバイルとリアルのサービスで、日々の生活をもっと便利に楽しくする“生活革命”を実現していきたい」と意気込む。

 新端末や4G LTE、auシェアリンクなどの「モバイルサービス」ほか、KDDIが力を入れようとしているのがリアルサービスだ。

 「本気で物販をやっていきたい」──田中氏は宣言し、「au WALLET Market」夏にオープンすることを明らかにした。全国約2500店舗のauショップと月間約1000万人の来店者を資産とし、auショップを軸に「生活革命ステーション」を展開する方針だ。

 具体的には、auショップの来場者に、タブレットをカタログとして使いながら、スタッフが客の要望や嗜好に合った商品や定期購入商品を紹介する。ターゲットは、これまでネットショッピングを経験したことのない層だ。スタッフによる丁寧な商品説明で、従来のECとはひと味違う「ECの次のグレードを狙った新しいコマースビジネス」と意気込む。さらに、定期購入品の変更などは、店舗やネットだけでなくKDDIが持つ「お客様センター(コールセンター)」でもサポートする。

 ECに興味はあるけどめんどう、いいものが欲しいけど自分で探せない、クレジットカード決済は不安といった声は根強くあると説明する。

 製品は、米や水などの日常購入頻度の高い商品を中心に、スーパーでは流通していないような希少価値やこだわりのある商品など、「ちょっといいもの」をラインアップする。

 KDDIでは2014年から新宿にある「au SHINJUKU」でバーチャルモールを開設したり、原宿にau色を消したリアル店舗「HYPER MARKET」を出したりして実験を重ねてきており、「意外と売れる」(田中氏)と話す。

 また、スマートフォンやPC、タブレットでも購入できるネットショッピングサービスもをルクサと協業で提供する。au WALLET Marketでの買い物に電子マネーカードサービス「au WALLET」を利用するとWALLET ポイントが最大3倍付くほか、WALLETポイントを支払いにあてることもできる。

 2014年5月に開始したau WALLETのスタートから1年。累計申し込み件数は1200万件を突破したという。決済に利用するとポイントが貯まるau WALLETポイントアップ店は、7月上旬に43社、2万8000店舗へと拡大する見込みだ。

CMに出演するかぐや姫役の有村架純さんと桃太郎役の松田翔太さんも登壇した
CMに出演するかぐや姫役の有村架純さんと桃太郎役の松田翔太さんも登壇した

-PR-企画特集