logo

注目のドコモ2015年新サービス--ドコモ×ローソンのCRM戦略

坂本純子 (編集部)2015年05月14日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモ、2015年夏モデル10機種を発表--ついに“ガラホ”を投入へ
ドコモ、2015年夏モデル10機種を発表--ついに“ガラホ”を投入へ

 NTTドコモは5月13日、2015年夏モデルとなる新製品を発表した。夏モデルでは、7機種が「PREMIUM 4G」に対応し、通信速度が最大150Mbpsから225Mbpsに高速化した。このうち5機種では、Wi-Fiとの同時接続により約1Gbpsの高速通信も可能だ。

 また、画面を見るだけでロックを解除したり決済をしたりできる虹彩認証「Iris Passport」を世界で初めて搭載した「ARROWS NX」など、スマートフォン6機種、タブレット2機種、フィーチャーフォン2機種の全10機種がラインアップする。なお、すでに発売済みの「Galaxy S6 edge SC-04G」「Galaxy S6 SC-05G」を加えると全12機種だ。

虹彩認証で加藤氏はコンテンツ決済のデモを披露した
虹彩認証で加藤氏はコンテンツ決済のデモを披露した
2015年夏モデル全12機種ラインアップ
2015年夏モデル全12機種ラインアップ

ドコモがパートナーと目指す“付加価値”の取り組み

ドコモ×ローソンが業務提携--買い物で「dポイント」付与、「Ponta」との交換も
ドコモ×ローソンが業務提携--買い物で「dポイント」付与、「Ponta」との交換も
3%の割引きとポイントの付与
3%の割引きとポイントの付与

 今回、最も時間を割いて説明したのは、端末ではなくサービスだった。NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏は、自社だけでなくパートナーと共に新たな価値を生み出すと意気込む。4月に行われた決算発表会でも同様の説明をしている。

 大きな柱になる連携として、NTTドコモとローソンは業務提携で合意したと発表。400万人のドコモ「プレミアクラブ」のユーザーと全国約1万1000店のローソン店舗の利用者の利便性とサービス向上、相互送客による企業価値向上を目的としたものだ。

 6月より、全国のローソン店舗での買い物時にドコモのクレジットサービスを利用すると請求時に3%を割引くほか、12月以降は最大5%相当の特典が受けられる。さらにはロイヤリティ マーケティングと提携することも発表しており、12月からdポイントと、ローソンが取り扱う「Ponta」の相互交換も行えるようになる。

ローソンのCRMの取り組みと進化
ローソンのCRMの取り組みと進化

 ローソンは2002年から自社のクレジットカード発行を皮切りに、2007年から自社ポイントカード、2010年にPontaカードを発行し、ローソン店舗を利用するユーザーのデータを活用した商品開発や店舗の品ぞろえなどを強化してきた。

パッケージもかわいい「ドコモダケきのこおにぎり」
パッケージもかわいい「ドコモダケきのこおにぎり」

 今回の提携により、6000万人いるPontaカードの会員とドコモのdポイントカードの会員を組み合わせ日本最大規模の会員基盤を構築できると説明する。そのデータをもとに、さらなる商品力や売り場力を強化したい考えだ。ローソン 代表取締役 社長の玉塚元一氏は、「私どもにとっても、私たちのお客様にとってもありがたい機会を頂戴した。期待するのは来店誘引。利便性とサービス向上で、相互送客による企業価値を向上したい」と説明した。

 なお、双方が活用するとしている顧客データは、購買層やどういうものを購入しているかといった大枠のものであり、個人情報ではないと説明する。「いままさにプロジェクトチームで詰めており、マーケティング情報は共有できるようにしていきたい」(玉塚氏)としている。

提携記念商品
提携記念商品

 今回の提携記念として、ドコモダケをイメージした商品を6月2日より順次販売する。まずは「ドコモだけ たっぷりなめこのおろしそば」(税込み:399円)、6月9日より「ドコモダケ きのこごはんおにぎり」(税込み:125円)と「ドコモダケ マフィンミックスフルーツ」(150円)を販売する。玉塚氏は「手前味噌だが、結構おいしい。記念の気持ちをこめてお伝えしていきたい」と語り、加藤氏も「マフィンを試食したが、おいしかった。食事をしたあとだったが、ぺろっと食べられたほど」と絶賛した。

NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏とローソン 代表取締役 社長の玉塚元一氏
NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏とローソン 代表取締役 社長の玉塚元一氏

ポイントサービスの強化、Facebookやタワレコとの連携も

サービスブランドの統一
サービスブランドの統一
dポイントクラブのステージ
dポイントクラブのステージ
Facebookとの連携
Facebookとの連携

 ドコモは、12月よりサービスのブランドを統一する。ポイントサービス「ドコモポイント」は「dポイント」に、会員プログラム「ドコモプレミアムクラブ」は「dポイントクラブ」に、クレジットサービス「DCMX」は「dカード」に、顧客ID「docomo ID」は「dアカウント」に変更される。

 また、dポイントは12月をめどにさらに進化させたサービスになるという。リアル店舗やネット店から舗広くパートナー企業を募り「dポイント加盟店」として拡大を図るほか、専用カード「dポイントカード」を新たに発行する。さらに、ドコモの提供するクレジットカードサービスDCMXをリニューアルし、クレジット決済機能とポイントカードの2つを併せ持つ「dカード」を新たに発行し、「CDMX mini」も「dカード mini」にリニューアルする。

 会員向けのdポイントクラブは、ステージを「レビュラー」「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」の4段階に設定。ポイント獲得数に関係なく、継続利用10年以上はブロンズ、15年以上はシルバーになる。ステージに応じた優待サービスで、ユーザーの利便性を上げていきたい考えだ。

 このほかに、ドコモとFacebookは共同で、dマーケットをはじめとした各種サービスとFacebookの連携機能を強化すると発表。ユーザーが共有した楽曲をFacebookのニュースフィード上で視聴や購入をできるようにする。

 第1弾として、1000プログラムが定額で聞き放題のdヒッツ powerd by レコチョクからFacebook上に投稿された楽曲をニュースフィード上で試聴できる機能を2015年夏に開始する。さらにdヒッツに遷移して、フル楽曲を聴いたり、dミュージックに遷移してフル楽曲の購入も可能になる予定だ。

月額280円の「フォトコレクションプラス」
月額280円の「フォトコレクションプラス」
料理レシピやお店探しに使える「dグルメ」--ランチクーポンも配信
料理レシピやお店探しに使える「dグルメ」--ランチクーポンも配信

 また、タワーレコードやレコチョコクとともに、インディーズおよび新人アーティストの支援を活動する「Eggプロジェクト」のサービス「Eggs」のウェブ版を5月20日に開始する。

 スマートフォンで撮影した写真をフォトブックにして毎月届ける「フォトコレクションプラス」を5月21日に開始する。価格は送料込みで月額280円。フォトブックの代わりに30枚までのL版プリントに変更することもできる。

 また「dマーケット」の新サービスとして、料理レッスンやレシピ、レストラン探しなど、“食”に関する情報を月額400円で提供する「dグルメ」を、5月28日から提供すると発表している。

-PR-企画特集