次期「iPhone」、「Force Touch」搭載など大幅アップグレードか--アナリストが予想

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年05月13日 11時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleが開発中とみられる次期「iPhone」は、単なる段階的アップグレードを超えるものになる可能性がある。

 「iPhone 6S」と「iPhone 6S Plus」(Appleがこれまでの命名規則を適用するとした場合)に、「Force Touch」機能が搭載されるとアナリストが予想している。これは、指でスクリーンをタッチした範囲を認識することで、どの程度の強さがかかっているかを判断する機能だ。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleはそれ以外にもさらなるスペックで購入者を引き付ける計画だという。同氏がこのことについて述べた投資家向けメモを、G for Gamesなど複数の情報筋が入手した。両機種は、Appleの通常の提供開始時期に従って9月に発売される可能性が高い。

 Apple自体は今のところ、次期iPhoneの正式名称や、そうした端末に関する意向は表明していない。

 Force Touchは、iPhone 6Sに対してKuo氏が予想する最大の目玉となる機能だ。これは、既に13インチの「Retina Display」搭載「MacBook Pro」と12インチの「MacBook」で採用されている技術であり、トラックパッドでの圧力感知を可能にすることから、指で表面を押すときの力加減でさまざまに反応する。

 ただし、Kuo氏によると、そのほかにも多数の注目点があるという。同氏の予想では、6SはAppleの「A9」プロセッサを搭載する見込みだ。A9は、「iPhone 6」シリーズに搭載されている現行の「A8」チップセットより高速かつ高性能になる。RAMは現行の1Gバイトから2Gバイトに増強され、背面カメラの画素数も、8メガピクセルから16メガピクセルに倍増するという。

 新型iPhoneでは、指紋認証機能「Touch ID」の精度もさらに向上するという。またiPhone 6と6 Plusに使用される筐体には、さらに頑丈な素材が採用されると予想。iPhone 6Sは、現在「Apple Watch」で採用されている「ローズゴールド」カラーでも提供されるという。

 そして既に報じられているものだが、このほかにもう1つの特徴が予想されている。

 iPhone 6Sでは、iPhone 6のときにうわさされていたサファイアディスプレイがようやく採用されるかもしれない。ただし、それは一部の製造上の問題が解消された場合の話だ。Appleは2014年、サファイアクリスタルのディスプレイカバーガラスを新型iPhoneに採用するとうわさされていた。

 G for Gamesによると、サファイアスクリーンは2015年に登場する可能性があるが、端末はiPhone 6s Plusモデルに「限定される」と、Kuo氏は述べているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加