logo
iOSアプリレビュー

プレゼンテーションの作成に便利なiOSアプリ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 6/6 Plusでは、画面サイズが従来よりも大きくなったため、持ち歩いたり長時間持って話したりするといった動作は、若干しにくくなったかもしれない。しかしその分、文書を作成したり、プレゼン資料を作成したりするといった作業はかなりしやすくなった。そこで今回は、オフィス系アプリの中でも、プレゼンテーションに関連するアプリを5つ紹介する。

Explain Everything (360円--7月6日現在)

 Explain Everythingは、スライドだけではなく、ビデオを撮影したり音声を録音したりして、スクリーンキャストを作成できるアプリだ。主に、教育分野で使用されることが想定されているが、ビジネスにも活用できる。スライドを1枚ずつ作成して1つのプレゼンテーションを完成させる従来の方法よりも、クリエイティブでインタラクティブなプレゼンテーションを作成できる。iPhoneとiPadの両方で使用できるユニバーサルアプリだ。

 作成したプレゼンテーションは、画像やPDFとして書き出せるほか、MP4形式のビデオとして、ローカルに保存できる。また、Evernote、Dropbox、YouTubeなどのクラウドサービスに直接書き出すことも可能だ。

  • Explain Everythingのホーム画面では、複数のプロジェクトを作成して管理できる。

  • 音声を録音してタイムラインを表示し、音声に合わせてオブジェクトを表示することができる。

Keynote (1200円--7月6日現在)

 Keynoteは、スライドを作成するためのApple純正アプリだ。純正だけあって、iPhoneでも見栄えのするスライドを簡単に作成できる。iCloudを介してMacやiPadなどとデータを同期できる。ただし、Macで作成したスライドをiOSデバイスで開くと、フォント情報がないために代替フォントで表示されることがある。

 Keynoteには、標準およびワイドサイズそれぞれに、30種類のテンプレートがそろっている。どれも、シンプルで使いやすいものばかりだ。作成したプレゼンテーションは、Keynote形式のほか、PDFおよびPowerPoint形式で書き出すことが可能だ。また、Wi-FiまたはBluetoothに接続されているMacまたはiOSデバイスのKeynoteと接続して、リモートコントローラーとして使用することもできる。

  • 作成したプレゼンテーションの一覧画面。iCloud経由で自動的に同期される。

  • プレゼンテーションの編集画面。メニューはシンプルながら、書式の設定や効果の編集など簡単な編集はスムーズに行える。

SlideShark Presentation App (無料--7月7日現在)

 SlideShark Presentation AppはPowerPoint形式のスライドを読み込んで、PCで作成した通りに表示し、プレゼンテーションの手助けをしてくれるアプリだ。SlideSharkのアカウントを作成して、セキュリティで保護された専用のサーバにスライドをアップロードするか、メールに添付されているスライドをSlideSharkで開いて使用する。SlideSharkのサーバ以外にも、Dropbox、OneDrive、Boxなどのクラウドドライブからファイルをダウンロードすることも可能だ。

 プレゼンテーション中は、画面を長押ししてポインタを表示したり、マーカーを表示して画面に直接書き込みしたりできる。iPhoneをリモートコントローラとして使用することも可能だ。

  • サーバーにスライドをアップロードしている場合は、プレゼンテーション前にダウンロードしておく必要がある。

  • プレゼンテーション中に、マーカーでスライドに書き込みができる。すべての書き込みは一括削除できる。

Googleスライド  (無料--7月7日現在)

 Googleスライドは、Googleのスライド作成用アプリケーションをiOSデバイスで利用するための公式アプリだ。テンプレートなどはないため、シンプルな白色のスライドのみを作成できる。PowerPoint形式のファイルは表示できるが、Keynote形式のファイルは開けない。テキスト、図形、線は追加できるが、写真やビデオなどは、追加できないため、これらを追加したい場合は、PCのウェブアプリケーションを利用して作成しておく必要がある。

 ゼロからスライドを作成するという目的では、Keynoteより劣るが、Googleドライブからファイルを読み込める点と、PowerPointファイルを表示して編集できる点は評価できる。アプリ版はプレゼンテーションのメインに使用するというよりも、バックアップ的なツールとして用意しておくのがいいかもしれない。

  • GoogleスライドだけではなくPowerPoint形式のファイルも保存・表示できる。表示できないファイル形式の場合は、開くアプリを選択可能。

  • 編集機能は多くない。シンプルなスライドを作るか、作成済みのスライドを編集する用途向けだ。

Microsoft PowerPoint (無料--7月7日現在)

 Microsoft PowerPointは、その名の通りMicrosoft PowerPoint形式のスライド作成アプリだ。使いやすいシンプルなテンプレートが、標準およびワイドサイズそれぞれに20種類そろっている。図形やテキストボックス以外にも、写真や表、ビデオを挿入できる上、さまざまな効果を付けられるので、小さな画面でもある程度凝ったスライドを作成できる。

 OneDriveのみならず、Dropboxと連携して、ファイルのダウンロードやアップロードが可能なため、Dropboxをメインに使用しているユーザーにも使い勝手が良い。SlideSharkのように、プレゼンテーション中に、ポインタを表示したり、マーカーを表示したりして画面に書き込める。

  • 編集画面はすっきり整理されたユーザーインターフェースが使いやすい。図や表、ビデオの挿入も簡単だ。

  • シンプルなテンプレートがそろっているので使いやすい。ワイドスクリーン用と標準サイズがある

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集