「アイドル応援アプリ」とZeppライブが業務提携--コンテンツの相互提供など実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォッグは5月11日、ユーザー参加型アイドル応援アプリ「CHEERZ(チアーズ)」(iOS/Android)と、Zeppライブが運営するフェス型ライブイベント「@JAM(アットジャム)」が包括的業務提携を締結したと発表した。今回の業務提携は、アイドル市場の拡大を目的とし、国内外を問わず多くの人に良質なアイドルカルチャーを届けるという目的が一致したためだという。

 CHEERZは、フォッグと契約したアイドル本人が撮影したスナップや自撮りなどの投稿写真を時系列で確認できる無料アプリ。ユーザーは「可愛い!」「面白い!」「カッコいい!」など、写真にハートを送って応援できるという。対応端末は、iOS 7.0以降、Android 4.1以降。


「CHEERZ」

 @JAMは、お台場Zepp Diver Cityをメイン会場としたアニソン・アイドルが中心のライブイベント。EXPOは@JAMシリーズ最大規模のフェスであり、横浜アリーナに場所を移して2014年から開催されている。今回の締結により、8月29日に横浜アリーナで開催される日本最大級のアイドルフェス「@JAM EXPO 2015」を皮切りに、コンテンツの相互提供と共同プロモーションを実施する。


@JAM EXPO 2015

 またそれに合わせ、7月よりCHEERZに@JAM EXPO特設ページを設け、スマートフォンに最適化された形でイベントの最新情報を発信する。@JAM EXPO当日は、CHEERZを活用したコンテンツの制作やリアルタイム速報などを実施するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加