logo

パイオニア、「サイバーナビ」に8V型ラージサイズ--音楽ストリーミング対応機も

加納恵 (編集部)2015年05月08日 18時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新「サイバーナビ」

 パイオニアは5月8日、カロッツェリアブランドのカーナビ「サイバーナビ」シリーズに新モデル10機種を発表した。レコチョクと協業した車載用音楽ストリーミング「ミュージッククルーズチャンネル」を提供するほか、ラージサイズモデルもラインアップする。発売は5月下旬から順次。

 発表されたのは8V型モニタを搭載したラージサイズメインユニットタイプの「AVIC-ZH0999LS/ZH0999L」、1D+1Dメインユニットタイプの「AVIC-VH0999S/VH0999」、200mmワイドメインユニットタイプの「AVIC-ZH0999WS/ZH0999W/ZH0777W」、2Dメインユニットタイプの「AVIC-ZH0999S/ZH0999/ZH0777」の4タイプ計10モデルになる。

 タイプごとに、現実風景に情報を重ねて表示する「クルーズスカウターユニット」を付属したモデルをそろえるほか、200mmワイドユニットと2DメインユニットにはUSB端子と5.1ch対応を省いた「ZH0777」シリーズを用意する。

  • 「ミュージッククルーズチャンネル」を採用

 AVIC-ZH0999LS/VH0999S/ZH0999WS/ZH0999S/ZH0999L/VH099/ZH0999W/ZH0999(0999系モデル)には、ミュージッククルーズチャンネルを採用。スマートフォンと組み合わせることで、ラジオ型のストリーミングサービスを聞くことができる。使用料は年間税別3000円だが、初回使用日から1年間は無料で利用可能だ。


パイオニアの執行役員である大舘諭氏

 パイオニアの執行役員である大舘諭氏は「新しい音楽体験を提供できないかと考えたのがレコチョクの方と実施したコラボのスタートポイント。新しい音楽との出会いの場を機器を通じて提供したい」とコラボレーションに至る経緯を話した。

 ミュージッククルーズチャンネル対応の0999系モデルには、2チャンネルソースの音質を向上する「バイアンプモード」を搭載し、車内における高音質再生をサポート。Bluetoothワイヤレス再生時では、AACコーデックにも対応する。

 目的地検索では、従来からの「マルチ検索」に加え、新たに「名称検索」に対応することで、検索機能を拡充。関連するキーワードを発話するだけで検索できる外部サーバと連携した「フリーワード音声検索」機能も備える。

 リアルタイムな渋滞情報と渋滞予測データを使って案内ルートを作成する「スマートループ渋滞情報」や、交通状況や交通規制などをリアルな画像情報としてドライバー間で共有できる「スマートループ アイ」など、ネットワーク連携機能は前モデルに引き続き踏襲。クルーズスカウターユニット付属モデルでは、車載カメラを使った「ドライブメモリー機能」も搭載した。

  • 「AVIC-ZH0999LS」

LS(ラージサイズ)メインユニットタイプ

  • AVIC-ZH0999LS(想定税別価格:25万5000円前後)
  • AVIC-ZH0999L(想定税別価格:18万円前後)
  • 「AVIC-VH0999S」

1D+1Dメインユニットタイプ

  • AVIC-VH0999S(想定税別価格:23万円前後)
  • AVIC-VH0999(想定税別価格:16万円前後)
  • 「AVIC-ZH0999WS」

 

200mmワイドメインユニットタイプ

  • AVIC-ZH0999WS(想定税別価格:22万5000円前後)
  • AVIC-ZH0999W(想定税別価格:15万円前後)
  • AVIC-ZH0777W(想定税別価格:14万円前後)
  • 「AVIC-ZH0999S」

2Dメインユニットタイプ

  • AVIC-ZH0999S(想定税別価格:22万円前後)
  • AVIC-ZH0999(想定税別価格:14万5000円前後)
  • AVIC-ZH0777(想定税別価格:13万5000円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集