logo

学習支援サービス「Classi」が全国120校以上で採用-- ソフトバンクとベネッセの合弁会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクとベネッセホールディングスが2014年に設立した合弁会社Classi(クラッシー)は5月8日、2015年4月より正式サービスを開始した学習支援クラウドサービス「Classi」が、2015年度に全国120校以上の高校・中学で採用が決まったと発表した。

 「Classi」は、タブレットやスマートフォン、PCで利用できる学習支援クラウドサービスで、先生・生徒の双方を支援する機能を持ち、学校単位でサービスを提供している。

 現在、福岡県立大川樟風高等学校、羽衣学園中学校・高等学校、長崎南山高等学校、広尾学園中学校・高等学校などで活用されており、生徒1人あたり年間3600円(月額300円相当)で利用できるという。


(生徒カルテ 生徒の近況画面イメージ)

(学習記録生徒向けアプリ 入力・確認画面イメージ)

(コンテンツボックス 素材の管理画面イメージ)

 また、情報通信技術(ICT)環境の整備に関しては、ソフトバンクグループが各学校の必要に応じて、安心安全なセキュリティシステムや通信機能を備えたタブレットを提供する。なお、学習支援クラウドサービスのタブレット活用台数としては、日本最大規模となるという。

-PR-企画特集