logo

NEC、最大1733Mbpsの高速Wi-Fiホームルータを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECプラットフォームズは5月8日、5GHz帯で最大1733Mbpsの高速通信が可能なWi-Fiホームルータ「Aterm WG2600HP」を5月22日に発売することを発表した。Wi-Fi最新規格IEEE802.11acにおいて、4本のアンテナを利用する4ストリームに対応している。

  • 「WG2600HP」

 2.4GHz帯の規格値は600Mbps(4ストリーム)だが、一度に通信できるデータ量が多い256QAM対応により、同機種通信であれば約1.3倍の最大800Mbpsに対応する。これにより、5GHz帯で最大1733Mbps、2.4GHz帯で最大800Mbpsの高速通信を可能にした。

 同商品は、11acの技術である「MU-MIMO」(Multi User - Multiple Input, Multiple Output)への対応により、スマートフォンやノートPCなど複数端末の同時接続時でも通信速度が低下せず、快適な通信環境を構築できるという。なお、条件として、スマートフォン(433Mbps)の場合は3台まで、スマートフォンとノートPC(867Mbps)を組み合わせた場合は各1台までの同時接続となる。

  • 「WG1200HS」

 NECによると、先端技術である世界最小クラスのμSRアンテナを生かし、 アンテナ間の電波干渉を低減するためのアイソレーションアンテナなどを採用した「新アンテナシステム」により、非採用時比、実効通信速度において約20%、実測値において100Mbps以上の通信速度を向上させたという。

 Aterm WG2600HPの発売に合わせて、11ac・2ストリームへの対応により5GHz帯で最大867Mbps、1000Mbpsの有線通信に対応したWi-Fiホームルータ「Aterm WG1200HS」も発売する。

-PR-企画特集