「iPad」で使えるBluetoothマウス、シトリックスが提供へ--「X1 Mouse」

Rick Broida (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年05月08日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPad」は実際にノートPCに取って代わることができるのだろうか。多くのビジネスユーザーから見ると、iPadには重要な要素が1つ欠けている。それはマウスだ。


提供:Citrix

 確かに、指先を使って、テキストの選択やスプレッドシートのセルのドラッグ&ドロップなどを行うことは可能だが、精度はマウスに大きく劣る。実際に、指をポインタの代わりに使おうとすると、非常に多くのビジネスコンピューティングアクションの実行が困難、または不可能になる。

 ほとんどの「Android」タブレットはBluetoothマウスとペアリングできるが、iPadユーザーが利用できる選択肢はそれよりはるかに少ない。「Citrix X1 Mouse」は「iOS」と互換性がある。もっと正確に言えば、少なくともCitrixのアプリとは互換性がある。このマウスにより、タブレットのみを携行して出張することが今より現実的になるかもしれない。

 米国時間5月12日開催のCitrix Synergyイベントで正式に発表される予定のX1は、iPadと「iPhone」の両方で動作するように設計された「Bluetooth Low Energy」マウスだ(iPhoneの場合は、「AirPlay」などを通して大画面に接続して使用することを想定している)。

 X1のカスタムファームウェアを利用することで、同マウスを「Citrix Receiver」や「GoToMyPC」「ShareConnect」「WorkDesktop」といったCitrixのモバイルアプリと連携させることができる。つまり、X1の主な狙いは、iPad経由で「Windows」搭載デスクトップにリモート接続しているユーザーがマウスを使って、これまでよりはるかに簡単に同OSやデスクトップソフトウェアを操作できるようにすることだ。

 さらに、Citrix関係者のChris Fleck氏は、「(Citrix)Receiverの最新バージョンに搭載された新しい『Presentation Mode』機能は、リモート映像出力を大型ディスプレイに送信するとき、iPadやiPhoneのディスプレイをキーボードとタッチパッドとして利用できるようにする」と述べている。

 Fleck氏によると、X1は来週開催のCitrix Synergyの来場者に提供される予定で、それ以外の人々も第2四半期中(つまり6月末までに)にX1を注文して受け取れるようになるという。具体的な価格はまだ発表されていないが、Fleck氏は、X1 Mouseの価格が「60ドル程度」になる予定だと筆者に電子メールで明かしてくれた。米国外の市場での価格は不明だ。

iPadとマウスという現在は見ることが少ない組み合わせ
iPadとマウスという現在は見ることが少ない組み合わせ
提供:Citrix

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加