logo

マイクロソフト、「OneDrive」の最新ロードマップを発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年05月08日 10時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月4日よりシカゴで開催中の「Microsoft Ignite」で、クラウドストレージサービス「OneDrive」の計画について明らかにした。

 Microsoftは1月、コンシューマー向けOneDriveとビジネス向け「OneDrive for Business」の今後1年のロードマップを明らかにしていた。今回のIgniteでは、さらに詳細なロードマップを明らかにした。


 新しいロードマップによると、第2四半期中にMicrosoftは新たなモバイルPDF機能を「Android」と「iOS」に追加する。また、「Outlook Web Access」から保存できる「Save to OneDrive for Business」などの機能も予定されている。

 第3四半期には、コンシューマー向けのOneDriveとOne Drive for Businessに共通する次世代同期クライアントの初回プレビュー版をWindowsとMac向けに提供する。その後、第4四半期には、WindowsとMac向けにOneDrive同期クライアントを一般提供(GA)する計画だ。コンシューマー向けのOneDriveとOneDrive for Businessの両方をサポートする「Windows 10」のOneDriveユニバーサルアプリも登場する予定だ。

 同期クライアントには、オフラインでリードオンリーモードでのファイル閲覧機能も含まれる予定だ。WindowsウォッチャーのPul Thurrott氏が指摘しているように、オフラインのリードオンリーファイル機能はプレースホルダー機能の置き換えという位置付けのようだ。Microsoftはまた、将来的にオフライン機能にファイルの編集機能のサポートを加える計画だ。

 Microsoftは、OneDriveの開発者向けのロードマップも公開している。


 詳細はMicrosoftが公開している動画で確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集