logo

リモート視聴デバイス「Slingbox M1」が簡単になったワケ--設置から視聴まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自宅のテレビを外出先のPCやスマホ、タブレットでリモート試聴できる“ロケーションフリー”のデバイスといえば、ご存知「Slingbox」。その最新型となるのが、4月に発売されたWi-Fi対応のニューモデル「Slingbox M1」だ。今回はHDMI接続用のキットが添付されたセットモデル「Slingbox M1 HDMI セット」を紹介する。

新たにWi-Fiに対応、ルータとのケーブル接続が不要に

  • 製品外観。本体サイズは従来の「Slingbox 350」とほぼ同等だが、重量はやや増している

 まず、Slingboxシリーズの仕組みをざっとおさらいしておこう。Slingboxは自宅内のHDDレコーダーやCATVのセットトップボックスといったチューナ機器に取り付け、それらの映像信号をネットワークを介してPCやスマホ、タブレットに転送する製品だ。ルータを越えて外部からも利用できるので、自宅でしか受信できないテレビ番組を、旅行先や出張先で視聴することが可能になる。

 もちろん自宅ネットワーク内での視聴にも対応するので、リビングに設置したHDDレコーダー内の番組を、自室からリモートで視聴するといった用途にも重宝する。前述のような遠隔地からの視聴よりも、むしろこちらのほうが身近な使い方と言えるだろう。

 さて今回の「Slingbox M1」、基本的な接続方法は従来と同様で、まずは自宅内のチューナ搭載機器と物理的にケーブルで接続する。D端子/コンポーネント変換ケーブルに加え、セットモデルに付属するコンバータを使えば、HDMIケーブルで接続することも可能だ。

 また、従来の「Slingbox 350」は有線LANにしか対応していなかったため、チューナ機器とルータの距離が離れていた場合、長いLANケーブルを用意して床をはわせなくてはいけなかった。今回のモデルはWi-Fi(11n)に対応しているため、これらの配線が不要になり、設置場所の自由度が大幅に増している。なお有線LANポートも用意されているので、電波状況が悪い場合は従来と同じようにLANケーブルで接続することもできる。

  • 今回試用したのはHDMI接続用のキットが添付されたセットモデル「Slingbox M1 HDMI セット」。パッケージ、マニュアル、さらに後述のアプリも含めて日本語化されている

  • 「Slingbox M1」に含まれる付属品の一覧。本体のほか、ACアダプタ、コンポーネントビデオケーブル、D端子/コンポーネント変換ケーブル、ステレオオーディオケーブル、赤外線リモコンケーブル、クイックスタートガイドという内容

  • こちらは添付のHDMIセットに含まれる付属品の一覧。HDMIコンバータのほか、HDMIケーブル、給電用USBケーブル、電源アダプタという内容

  • CDとのサイズ比較。かつての「Slingbox PRO-HD」の大柄なボディからは想像もできないほど小さい

  • 天板にはSlingboxのロゴがある。放熱用とみられる複雑なスリットは同製品の特徴だ

  • 背面。本製品はWi-Fiに対応するが、有線LANポートも残されている

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集