logo

フュージョン・コミュニケーションズ、「楽天モバイル」セット販売を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フュージョン・コミュニケーションズは、4月23日から「楽天モバイル」セット端末として、ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートフォン「Xperia J1 Compact」の予約受付を開始した。また、4月30日からは楽天モバイル初のタブレット端末となる3機種とデータSIMのセット販売の受付を開始する。

  • 「Xperia J1 Compact」

 「Xperia J1 Compact」は、IPX5/8の防水性能、IP5Xの防塵性能を有した約4.3インチのコンパクトモデル。2300mAhのバッテリとSTAMINAモードにより長時間利用が可能だという。価格は、一括払いが5万4800円。分割払いは2466円×24回となる。

 おサイフケータイにも対応し、「楽天ゲートウェイ」「楽天でんわ」「Viber」「Rポイントカード」といった楽天グループのアプリに加え、「楽天Edy」がプリインストールされる。プリインストールされる「楽天Edy」は、楽天スーパーポイントの登録設定を行うことで、200円の利用ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まるサービスだ。

 また、「Xperia J1 Compact」の取り扱いを記念したキャンペーンも実施される。端末を一括払いで予約購入し、楽天スーパーポイントの登録設定をすると、もれなくEdyが5000円分プレゼントされる。さらに、「Xperia J1 Compact」を使って「楽天Edy」で決済すると、楽天スーパーポイントが通常の2倍(200円で2ポイント)貯まる。端末の出荷および販売開始は、6月1日の予定。

 楽天モバイル初の対応のタブレット端末は、ASUS JAPANの「MeMO Pad 7 ME572CL」、日本電気の「LaVie Tab S TS708/T1W」、レノボ・ジャパンの「YOGA Tablet 2-1051L」の3機種。楽天モバイルが3月16日より提供を開始したデータ通信専用SIMサービス「楽天モバイル データSIM」と組み合わせることで、外出先での利用ニーズに対応する。

 「MeMO Pad 7 ME572CL」は、7インチながら厚さ約8.3mm、重量約279gの軽量スリムボディが特徴のタブレット端末。最大11時間利用できるバッテリーを搭載する。価格は、一括払いが3万3800円。分割払いは1521円×24回となる。


-PR-企画特集