logo

「Apple Watch」を買ったら入れておきたいアプリ8選 【生活編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートウォッチの新商品が各社から次々とリリースされているが、中でも注目度が高いのはアップルが4月24日に発売した「Apple Watch」だろう。ここではApple Watchを手にしたその日から使える、生活に役立つアプリを8つ紹介しよう。

Apple Watchと一緒に使ってさらに便利に!「LINE」

 Apple Watch版LINEは、iPhoneを取り出すことなく簡単にメッセージを確認できる。このアプリを使えば、満員電車の中や両手が塞がってしまっている時でも、メッセージを見逃すことが少なくなるだろう。またスタンプを使って素早く返信をすることも可能だ。


トーク内容を表示することはもちろん、スタンプで返信もできる。

豊富なレシピを手元ですぐに確認できる「クックパッド」

 Apple Watch版クックパッドでは、まずiPhone上で作りたい料理のレシピを選ぶ。するとApple Watchに選んだレシピを表示させることができるので、料理中でも材料、分量、作り方をすばやく確認できる。料理中の濡れた手で触るならiPhone本体よりも、耐水性能を備えるApple Watchの方が気が楽だろう。

 さらに、時間を計る必要があるステップでは、Apple Watchのタイマーを使用でき、時間になったら通知で知らせてくれる。


耐水性能を備えたApple Watchなら料理中でも気兼ねなく使える

雨の接近を通知してくれる「アメミル」

 Apple Watch版アメミルは、雨の接近をApple Watchにグラフィカルなアニメーションで通知してくれる。また、周囲10kmのリアルタイムの詳細な降雨情報を手首の上で確認できる。突然の豪雨に見舞われても、このアプリを駆使することで、雨宿りして待つか、傘を買うかなど、これからの行動を適切に判断することができる。


一時的な雨なのか、ずっと続く雨なのかを判断できるので、無駄に傘を買ってしまうことも少なくなるだろう

定番ニュースアプリ「グノシー」

 Apple Watch版グノシーでは、ニュースが届いた際に通知を受けられるほか、記事一覧と記事の内容の一部が閲覧できる。また、ハンドオフ機能を利用して、Apple Watchで読んだ記事の続きをiPhoneで閲覧できる。さらに、Apple Watchで記事を選び「あとで読む」ボタンをタップすると、iPhoneアプリの「クリップ」タブに記事が保存され、あとからiPhone本体で記事をチェックできるようになる。


最新情報をいつでもチェックできる

高値更新の通知も受け取れる「ヤフオク!」

 Apple Watch版ヤフオク!は、参加中のオークションに関するさまざまな通知をApple Watchで確認できる。高値更新された時などに、通知がAppleWatchに直接届く上に、そのままApple Watch上で再入札できるので、ヤフオク利用者には必須のアプリになるだろう。


その場ですぐに再入札ができるので、ヤフオク利用者には是非オススメしたい

-PR-企画特集