logo

「Google マップ」で悪質な改ざん--皇居に「オードリー春日」

藤井涼 (編集部)2015年04月21日 19時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルの地図情報サービス「Google マップ」が、悪意のあるユーザーによって改ざんされ、同社が削除対応に追われている。現在は削除済みだが、皇居内の施設に「オードリ春日トゥース」、警視庁本部に「恒心教警視庁サティアン」、広島の原爆ドームに「核実験場」などといった名称が書き込まれた。これ以外にもさまざまな施設の名称が改ざんされている。

 グーグルでは、ゼンリンなどから地図データの提供を受けているが、地図に載っていない店舗や一般公開されているランドマークをユーザーが申請できる機能も提供している。ユーザー主体でサービスを作り上げていくことを重視して設けた機能だが、これを逆手に取って悪用されてしまった形だ。

 なぜ審査をすり抜けてしまったのか。同社では審査フローを公開していないため、グーグル広報からその答えを得ることはできなかったが、現在は調査を進めており、地図上の表記内容に間違いやポリシー違反があった場合には、順次削除対応をするとしている。


誰でも店舗やランドマークの追加の申請ができる

-PR-企画特集