logo

シャープ、色鮮やかな新4K「AQUOS」--Netflix対応の2シリーズを追加

加納恵 (編集部)2015年04月16日 14時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月16日、液晶テレビ「AQUOS」に4K解像度の新モデル「US30/U30」シリーズを追加した。40~60V型の6モデルをラインアップし、いずれも映像配信サービス「Netflix」に対応する。発売は6月30日。

  • 現行モデル「US20」(左)と新モデル「US30」(右)の画質比較。US30が黒く沈んでいる

 US30/U30シリーズは、新エンジン「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」を搭載し、高精細の画像処理を実現。ノイズを抑えコントラスト感を高める「4Kアクティブコンディショナー」をはじめ、地上デジタル放送やBDソフトを4K画質に変換する「新・高画質4Kアップコンバート」、4K放送規格の色域も最適に色変換する「6軸カラーマネージメント」などを備え、ナチュラルかつ鮮明な画質を再現する。

 色再現には「リッチカラーテクノロジー」を採用し、デジタル放送の色域を超える広い範囲での再現を実現。上位機となるUS30には、画面への映り込みを抑えつつ、黒の再現能力が高い「N-Blackパネル」を搭載することで、引き締まった黒と鮮やかな色を両立する。

  • リモコン。下部の白いボタンは「Netflix」ボタン

 いずれもHEVCデコーダの内蔵したほか、HDCP 2.2に対応し、4K映像の再生環境も装備。「ひかりTV 4K」チューナを内蔵するほか、日本では2015年秋にサービスがスタートするNetflixに対応し、リモコンには専用ボタンも備える。

  • 「US30」シリーズ。左右20度のスイーベル機構が付く

 US30シリーズは60V型、52V型の2サイズ展開。本体下部にはフルレンジスピーカ2つ、サブウーファ1つの2.1chスピーカシステムを内蔵し、豊かな音域を再現する。左右20度に動くスイーベル機構も備え、手軽にテレビの向きを変えて使用することが可能だ。

  • 「U30」シリーズ

 U30シリーズは、58、55、50、40V型の4サイズを用意。低反射パネルを採用し、画面への映り込みを抑えるほか、スピーカにはバスレフ型のスピーカボックスを採用する。

US30シリーズ

  • LC-60US30(60V型、想定税別価格:35万円前後)
  • LC-52US30(52V型、想定税別価格:30万円前後)

US30シリーズ

  • LC-58U30(58V型、想定税別価格:33万円前後)
  • LC-55U30(55V型、想定税別価格:30万円前後)
  • LC-50U30(50V型、想定税別価格:25万円前後)
  • LC-40U30(40V型、想定税別価格:20万円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集