logo

3DS「セガ3D復刻プロジェクト」で「ガンスターヒーローズ」など3タイトルが配信へ

佐藤和也 (編集部)2015年04月15日 10時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガゲームスは4月15日、ニンテンドー3DS向けに展開している「セガ3D復刻プロジェクト」において、新たに3タイトルの配信を発表した。

 セガ3D復刻プロジェクトは、同社の往年の名作を3DSの特徴でもある立体視に対応して復刻したダウンロード専売ソフトのシリーズ。

 新たに配信されるのは「3D ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌(レクイエム)」(4月28日配信予定、価格は税別800円)、「3D ガンスターヒーローズ」、「3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」(ともに配信日、価格は未定)の3タイトル。

 3D ベア・ナックルIIはメガドライブで人気を呼んだベルトスクロールアクションゲーム。ゲームシステムやグラフィック、古代祐三氏による音楽、対戦モードなどオリジナル版の要素は忠実に再現。極めて難しいとされた3D立体視に完全対応したほか、1人用でもすべてのキャラクターを順番に使用して楽しめるカルテットモードなど、オリジナル版には無かったさまざまな新システムを追加。それぞれの本体にソフトが必要ながらも、ローカルプレイによる2人同時プレイも可能となっている。

 3D ガンスターヒーローズは職人集団として知られる開発会社のトレジャーによるデビュー作で、世界的に大ヒットしたメガドライブ用アクションシューティング。さまざまな攻撃をする多数のボスや、巨大戦艦上での戦いなど、当時大きな話題となったさまざまな画面演出などを3D立体視で楽しむことができる。

 3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ2はソニックシリーズのメガドライブ第2作でテイルスが初登場したタイトル。特に印象的な3Dの画面をソニックとテイルスが走り抜けるスペシャルステージも、3D立体視によって楽しむことができるという。

  • 「3D ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌」

    (C)SEGA MUSIC(C)YUZO KOSHIRO

  • 「3D ガンスターヒーローズ」

  • 「3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」

-PR-企画特集