logo

岩手県庁が「ゲームノミクス研究会」を発足へ--Ingressの成果踏まえ

藤井涼 (編集部)2015年04月14日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 位置情報ゲーム「Ingress」を新たなPRツールと位置づけ、2014年9月から庁内の有志職員で「岩手県庁Ingress活用研究会」の活動を続けてきた岩手県庁。日本初の自治体公式イベントを開催し、全国にも同様の動きが波及するなど、岩手県のPRや好感度アップに貢献した。

 3月26日に最終報告をし、当初の活動期間を終えた同研究会だが、今回の活動成果を踏まえて、2015年度は体制を組み直して再スタートすることになったという――その名は「岩手県庁ゲームノミクス研究会」。4月15日~5月7日まで庁内でメンバーを募集し、5月19日に第1回の会合を開く予定だ。

 岩手県庁ゲームノミクス研究会では、希望郷いわて国体・希望郷いわて大会の開催に向けて、引き続きIngressを活用できないか検討するほか、さらに広くゲーム(またはゲーム的な考え方)を地域活性化に取り入れることについて研究していくという。今後、県内各地でIngressを活用する動きが出てきた際の活動母体としての役割も目指す。

 なお、「ゲームノミクス」はゲームとエコノミーとミックスを組み合わせた造語で、ゲームやゲーミフィケーションの考え方を取り入れた地域経済の活性化や質的向上を図る取り組み全般を指す言葉だという。

-PR-企画特集