logo

ソニー、モバイル向け積層型CMOSセンサの生産能力を増強

加納恵 (編集部)2015年04月07日 18時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月7日、ソニーセミコンダクタにおいて積層型CMOSイメージセンサの生産能力増強を目的とした設備投資を2015年度に実施すると発表した。

 今回の設備投資は、長崎テクノロジーセンター(長崎テック)と山形テクノロジーセンター(下、山形テック)にて実施され、主に積層型CMOSイメージセンサに関するマスター工程と重ね合わせ工程以降の製造設備の増強に充てられる。

 ソニーでは2月にも約1050億円の設備投資を発表しており、総生産能力は現在の月産6万枚から、2016年9月末時点で月産8万7000枚まで引き上げられる予定だ。

 設備投資の総額は約450億円で、長崎テックに約240億円、山形テックに210億円になる見込みだ。

 積層型CMOSイメージセンサは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器市場において、さらなる需要増が見込まれているとのこと。ソニーでは、生産能力を増強することで、イメージセンサ事業におけるリーティングポジションを強固なものにしていく。

-PR-企画特集