logo

スマホの画面をねこだらけに--眺めて楽しむ「ねこあつめ」がバージョンアップ

坂本純子 (編集部)2015年04月07日 17時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 新たに追加された「もようがえ」。先に「にわさき拡張」(要180金にぼし)をしておく必要がある。
Scroll Right Scroll Left

 新たに追加された「もようがえ」。先に「にわさき拡張」(要180金にぼし)をしておく必要がある。

 まったりと、庭先に集まってきたねこたちを眺めて癒される──そんなアプリ「ねこあつめ」が人気だ。公式のTwitterアカウントもでき、早くも多くのフォローワーを集めている。

スマホの画面をねこだらけにできる。眺めて楽しむ「ねこあつめ」
スマホの画面をねこだらけにできる。眺めて楽しむ「ねこあつめ」

 リリースされたばかりのiOS版 Ver.1.2では、新ねこと新グッズに加え、新しいモーションや新機能「もようがえ」も追加されている。Android版も用意されており、すでにVer.1.2になっている。

 ごはんと遊ぶグッズを庭先に置いておくと、訪問してくるさまざまなねこが楽しめる。ねこは一定時間を過ぎると「お礼にぼし」を置いていく。そのにぼしを使って、ねこを呼ぶためのグッズを購入できるというしくみだ。グッズは60種類以上がそろう。

 にぼしには「ふつうのにぼし」と「金にぼし」の2種類がある。お礼にぼしも、どちらかを置いていってくれるが、ふつうのにぼしのほうが比率としては高い。それぞれ買えるグッズが異なるほか、グッズによって集まるねこの種類や数も変わってくる。無料で楽しむこともできるし、金にぼしはアプリ内課金で販売もしているので、手早くグッズをそろえることもできる。

 集まってきたねこは「ねこてちょう」で確認できる。また、「さつえい」機能があり、ねこたちの様子を単体でねこてちょうに保存できるのも楽しみのひとつだ。

 ダンボールで遊んでいる様子や、ボールで遊んでいる様子、爪とぎしている様子、表情の違いなど、つい何パターンも集めたくなる。また、全体を撮影できる機能もあり、もし庭先を拡張していたら、2ページにわたる広い画像を1枚に収めてカメラロールに保存することもできる。

 今のところ、なでて遊べるようなインタラクティブなコミュニケーション機能はないが、頻繁に遊びにくるねこが「たからもの」をくれることもある。ねこ好きなら、疲れたときにねこあつめを見てみると、癒されること請け合いだ。

-PR-企画特集