logo

オーディオテクニカ、専用ダクトで低音増強--コードの長さが選べるヘッドホン

加納恵 (編集部)2015年04月02日 16時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ATH-CK330M」

 オーディオテクニカは4月2日、専用ダクトを設けることで低音の再生能力を向上させたインナーイヤー型ヘッドホン「CK330」シリーズを発表した。コードの長さやマイク付きリモコンモデルなど、計4種類をラインアップする。発売は4月17日。

 CK330シリーズは、10mmの新設計ドライバを搭載したダイナミック型ヘッドホン。ハウジング上面に専用ダクトを設置することで、メリハリある低音を再生できるという。

 装着面には、エラストマー素材を採用することで、安定したフィット感が得られるとのこと。コードには表面に凸凹をつけ、楕円の形をした「楕円型ウェーブコード」を採用することでタッチノイズを軽減できるという。

 1.2mコードを採用し、10色のカラーバリエーションをそろえたL型プラグの「ATH-CK330M」(想定税別価格:1980円)と0.6mのショートコードで取り回しがしやすい、ストレートプラグの「ATH-CK330S」(同:1980円)、iPodやiPhone、iPad専用のマイク付リモコンを付属した「ATH-CK330i」(同:2980円)、スマートフォン用の「ATH-CK330iS」(同:2680円)の4モデルをラインアップする。

 全機種ともにコード巻き取りホルダで長さの調節ができるほか、XS、S、M、Lと4サイズのイヤーピースを付属する。

  • 「ATH-CK330S」

  • 「ATH-CK330i」

  • 「ATH-CK330iS」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集