logo

次期「iPhone」はどうなる--新「MacBook」や「Apple Watch」から応用すべき機能 - (page 2)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年04月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Force Touch」と「Taptic Engine」

 最新の「MacBook Pro」、次期MacBook、そしてApple Watchは、いずれもForce Touchを採用している。この圧力感知方式では、押す強さによって仮想ボタンやタイムラインを2回あるいは3回クリックする操作が可能になる。新しいMacBook(とアップデートされたMacBook Pro)ではトラックパッドが感圧式で、Apple Watchではディスプレイ自体がこの方式だ。iPhoneでもApple Watchと同じ方法をとれば、アプリや仮想リモコンのタッチで、圧力に基づく新たな操作方法が可能になるかもしれない。画面の広さが限られているため、これは画期的な新しい操作方法になる可能性を秘めている。Apple Watchに採用されたTaptic Engineの幅広い触覚フィードバックを応用すれば、今まで以上にかすかなサイレント通知が実現する可能性もある。

figure_4
提供:Sarah Tew / CNET

OLEDディスプレイ

 最高のスマートフォンは、ほとんどがOLEDディスプレイを採用しており、驚くほどの黒レベル、優れたコントラスト、非常に鮮やかな色を実現している。Apple独自のRetina display(LEDバックライトのLCDパネル)も十分に素晴らしく、色の精度は高いが、Apple WatchのOLEDへの移行は、iPhoneも同じ方向に進むことを示唆しているのかもしれない。

サファイアクリスタル

 傷やひび割れに強いサファイアがiPhoneのディスプレイに採用されるとのうわさは、2014年から流れていた。Apple Watchの上位モデルにはサファイアが採用され、エントリモデルの「Apple Watch Sport」は「Gorilla Glass」に近いIon-Xガラスを使用している。iPhoneのディスプレイがサファイアになるとすれば、それは上位のプレミアムモデルということでもあるのかもしれない。

figure_5
提供:James Martin/CNET

超豪華モデルも登場か

 ついでながら、次期iPhoneで純金の特別「エディション」が登場する可能性はあるだろうか。あるいは、Apple Watchのバンドのように職人技をあしらった新しいデザインのケースはどうか。Appleは、ファッション性重視という新しい領域に向かいつつある。ゴールドカラーのiPhoneはもう存在するので、ステンレススチールなどのさらに高級な金属が次のステップになるのかもしれない。

figure_6
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]