聞きたい部分をテキスト検索できる--カシオ、iOS向けボイスレコーダアプリなど発売

坂本純子 (編集部)2015年03月26日 15時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機は3月26日、録音済みの音声から聞きたい部分を文字入力で探せるiOS向けアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」と顔写真からキャラクター画像を自動作成できるAndroid向けアプリ「撮ってキャラスタジオ」を公開した。

聞きたい箇所をテキストで検索--キーワード頭出し ボイスレコーダー

キーワード頭出し ボイスレコーダー
キーワード頭出し ボイスレコーダー

 キーワード頭出し ボイスレコーダーは、アプリの検索キーワード入力画面にテキストを打ち込むと、録音した中か発言箇所の候補を一覧で表示できるアプリだ。同社独自の音声キーワード検索技術によるもの。

 たとえば、録音した講義や会議の“新しいアプリ”に関する部分を聞きたい場合、検索窓に“あたらしいアプリ”と入力して検索ボタンを押せば、新しいアプリと発言されている部分の候補が出てくる。

 入力はひらがなあるいはカタカナのみで、漢字は対応しない。あめ(雨と飴)など同音異義語があるときは、前後を長く入力すると精度が向上するという。

 なお、この音声キーワード検索技術は、音声認識で検索するものではない。入力した検索キーワードを「音声データ」に変換し、録音した音声データの波形を比較して類似する部分を表示するしくみだ。音声認識は、専門用語など未知語(未登録)を認識できない問題が生じる可能性があるが、音声キーワード検索ではそういった心配がない。

 アプリ内で録音しながらindexを作成するため、録音終了直後からすぐに検索できる。他のアプリで録音したデータを取り込める「インポート」機能も備え、音声データの波形を特長付けは、録音時間の半分程度で完了するとのことだ。

 このほか、聞きなおしに役立つ「無音スキップ」や「倍速再生」、講義や会議の雑音を和らげて聞きやすくする「ノイズキャンセル」、指定した秒数を飛ばして再生する「指定秒数スキップ」、録音/再生時にマーク・メモ・写真を貼り付けられる「タグ付け」などの機能も備える。

 カシオによれば、近年は授業を録音する学生が増えているという。録音したデータをきちんと活用してほしいとの思いから、「大学生応援セール」を実施。4月30日までの期間限定で、通常500円のアプリ価格を特別価格の300円で販売する。

キーワード頭出し ボイスレコーダー

自分の顔写真をもとにをキャラクターを作成--撮ってキャラスタジオ

撮ってキャラスタジオ
撮ってキャラスタジオ

 撮ってキャラスタジオは、撮影した顔写真をもとにキャラクターに変換し、さまざまなポーズやセリフを合成して21パターンの画像を自動で作成するアプリだ。現在はAndroidのみだが、4月にiOS向けもリリース予定だ。

 20代の男女向けにチューンアップしており、似顔絵のようにその人らしさをデフォルメするものではないという。

 完成した画像は、スマートフォン内に保存でき、SNSや電話帳のプロフィール画像に設定したり、シェア機能によりLINEやFacebookのメッセージでスタンプ代わりに使用したりできる。

 顔写真から輪郭や目、鼻などのパーツを抽出し、大きさや位置のバランスを認識して、顔の雰囲気をとらえたキャラクターを自動作成する。

 キャラクターの髪型やメガネの変更のほか、合成されたセリフの変更・削除も可能。それぞれ自動変換で選ばれたものも含め、髪型が全15種類、メガネが全12種類、セリフが全40種類あり、好きなようにアレンジできる。

 キャラクター画像は、上半身のみのものと、喜ぶ・怒るなど様々な表情やポーズに「ごめんね」や「ワクワク」といったセリフを合成したものを、一度の変換で21パターン作成。

 そのうち3パターンは無料で保存でき、有料(Android:108円、iOS:100円)で全ての画像を使用できる。4月30日の期間限定で、無料保存できる画像を6パターンに拡大。新たな出会いが増えるこれからの季節に最適なコミュニケーションツールとして提案するとしている。

撮ってキャラスタジオ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加