Androidの新ロック機能「On-body detection」--加速度センサを利用して端末保護

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年03月23日 10時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleはモバイル端末の加速度センサを利用して、デバイスを置くと自動的にロックされ、盗難にあった場合もデータを守れる可能性が高まる新しいスマートロック機能の提供を開始した。

 Android Policeの報道によると、新しいモードは「On-body detection」と呼ばれている。デバイスを手にするかポケットに入れるかしている時にはロックがかからず、どこかに置くとロックがかかる。持ち主が置き忘れたり、落としたり、一時的に脇に置いたりしたデバイスを誰かが持ち去っても、データには簡単にアクセスできない。

 Googleはこれまでにも「Android OS」にスマートロック機能を提供していた。「Android 5.0 Lollipop」では、信用できるBluetoothデバイスや近距離無線通信(NFC)タグが近くにあると、それを検知してロック解除するように設定できる。

 On-body detectionはデバイスを手にしたのが持ち主であることを検知するわけではなく、ロックされたデバイスを手に持っても解除はされない。また、ロックが解除された状態でデバイスを他の人に手渡した場合、ロックはかからない。

 Android Policeによると、同機能は「Android 5.0.1」を搭載する「Nexus 4」で最初に確認された。当初、同機能に対応する機器の拡大は緩慢だったが、今はNexusのほとんどの機種を含む多くのデバイスで利用可能になってきているようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加