UQコミュニケーションズ、京王線全線で「WiMAX 2+」のエリア整備を完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UQコミュニケーションズは3月17日、京王電鉄の京王線全線において「WiMAX 2+」サービスのエリア整備を完了したと発表した。

 これまで京王線における「WiMAX 2+」サービスの提供は、屋外に整備した基地局にて提供され、地下駅などを除くエリアで利用可能となっていた。

 同社は、従来は利用しづらかった駅のエリア整備を順次実施し、3月17日の仙川駅のエリア整備をもって、「WiMAX 2+」サービスのエリア整備を完了した。

 整備対象となったのは、京王線新宿駅、京王新線新宿駅、初台駅、幡ヶ谷駅、仙川駅、国領駅、布田駅、調布駅、京王八王子駅の各駅。これにより京王線の全駅で、WiMAX 2+対応のルータやスマートフォンなどでインターネット通信を利用できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加