logo

[ブックレビュー]ビジネスパーソンとして参考になる--「エバンジェリストの仕事術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本実業出版社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 224ページ / 日本実業出版社 / 価格:1620円 / 著者:西脇 資哲 / 発売日:2015/02/19 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×13.2cm×2.0cm / 重量:0.2kg
内容:日本屈指のエバンジェリストから学ぶプレゼンデモやスライドの作り方。エバンジェリストは新しい製品やサービスを、どう人々に伝えているのか。ビジネスに役立つプレゼンや人脈、集客術などのノウハウをまとめた1冊。
Amazon.co.jpアソシエイト

 「エバンジェリスト」と聞いて、どんなことをする人なのかすぐに分かる人は、まだ、そう多くはないだろう。本書によると、エバンジェリストとは、「新しい価値観を伝える人」なのだそうだ。特に、IT業界では「エバンジェリスト」と呼ばれる人が活躍し始めているが、実際にはどのような仕事をしている人なのか。

 本書は、「エバンジェリスト」がどういう役割を担っているのかを、著者自身の経験を基に伝えようとすると共に、その仕事のやり方から、エバンジェリストではないビジネスパーソンにも役立つ仕事のエッセンスをも伝えようとしている。使っているツールや、デモをする際に作成しているシナリオなど、かなり細かいノウハウまでが広げられているので、プレゼンをする機会の多い人には、相当参考になるはずだ。

 「エバンジェリストになりたい」と、ピンポイントで思わなかったとしても、自社のサービスや製品の良さを他者に伝える人という意味では、ビジネスパーソンならば、誰でもそうであるはずだ。エバンジェリストの仕事術を知るということは、今後の自分の仕事のやり方に、何かしらプラスになるのではないだろうか。

-PR-企画特集