ピクセラ、ゴルフのスイングを映像とデータから解析するゴルフスイング改善ツール

加納恵 (編集部)2015年03月09日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 約10gのセンサをクラブのグリップエンドに差し込んで使用する

 ピクセラは3月9日、スマートフォンやタブレットと連動してゴルフスイングの自動撮影、データ解析ができるコンパクトなセンサ「ゴルフスイング改善ツール Plane Analyzer Plus(プレーン アナライザー プラス) PIX-GS100」を発表した。直販サイト「ピクセラ オンライン ショップ」にて3月10日の10時から予約を受け付けており、3月19日以降順次発送される予定。オンラインショップ税込価格は1万9980円になる。

 約10gの軽量センサを、クラブのグリップエンドに差し込むことで使用でき、専用アプリ「Plane Analyzer Plus」と組み合わせることで、スマートフォンやタブレットで動画撮影すると同時に、センサからBluetooth経由でスイング軌道などのデータを収集することが可能。映像とデータの両方でスイングをチェックできる。

 アプリでは、3D軌跡、ヘッドスピード、スイング軌道の傾向、フェース角、アタック角の詳細データも数値的に確認できるとのこと。ゴルフティーチングプロ 永井延宏氏監修のヒント機能も備え。ヒントにしたがって線を引くだけで、自分のスイングのどこに問題があるかを知ることできる。

 自分のベストスイングとの比較や、収録されているプロのスイングデータとの比較を映像と3D軌跡の両方で確認できるほか、スイングデータの傾向をグラフ表示できる機能や、スイング映像を連続画像として書き出す機能なども搭載している。

 センサ部のサイズは直径23.7mm×高さ29.8mm。内蔵リチウムイオン充電池で駆動し、約2時間の充電で、約7時間の使用が可能だ。

  • センサ部は直径23.7mm×高さ29.8mmのコンパクトサイズ

  • スイング動画は通常再生のほか、スロー再生やコマ送りにも対応

  • センサがテイクバックからフィニッシュまでのヘッドの動きを解析して、スイングの軌道を視覚的に再現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加