logo

世界初の大陸横断通話に使用した100年前の電話機--写真で見る - 4/15

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2015年03月05日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1915年の万国博覧会を前にしたこの電話回線の敷設は、工学上の偉大な成果だった。AT&Tを親会社とするBell Systemの傘下で立案されたこの回線は、その大部分が地域の電話会社によって敷設された。特に困難だったのは、ロッキー山脈とネバダ砂漠の広大な未開発地域を横断する必要のあった、デンバーからサンフランシスコまでの回線だった。
Scroll Right Scroll Left

 1915年の万国博覧会を前にしたこの電話回線の敷設は、工学上の偉大な成果だった。AT&Tを親会社とするBell Systemの傘下で立案されたこの回線は、その大部分が地域の電話会社によって敷設された。特に困難だったのは、ロッキー山脈とネバダ砂漠の広大な未開発地域を横断する必要のあった、デンバーからサンフランシスコまでの回線だった。

提供: James Martin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]