logo

グーグル、「Android 5.0 Lollipop」搭載端末の自動暗号化を見送り

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2015年03月03日 11時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの最新モバイルOS「Android 5.0 Lollipop」を搭載するスマートフォンやタブレットは、デバイスの暗号化をデフォルトで有効にしないようだ。自動暗号化は同社が事前に約束していたものだ。

 米ZDNetに寄せた電子メールで、Googleはこのことを認めたが、この明らかな方針転換の理由については説明していない。デフォルトで暗号化する機能については、Androidの「今後のバージョン」で再度搭載する予定であるという。

 Android 5.0を搭載するスマートフォンおよびタブレットはすべて暗号化をサポートする予定であるが、それをどのように実行するかはスマートフォンおよびタブレットメーカーに委ねられることになる。

 現在のところ、Googleの「Nexus 6」スマートフォンと「Nexus 9」タブレットのみ、最初にデバイスの電源を入れた際に暗号化がデフォルトで有効になる。

 「Nexus」以外の端末では、手動で暗号化を有効にしなければならない。

 GoogleとAppleは、Edward Snowden氏による情報流出事件を受けて、端末の自動暗号化を導入する決定を下した。両社は、政府の情報活動における格好の標的になっていると名指しされた。

 なお、Ars Technicaの報道によると、古い端末を最新のAndroid 5.0にアップグレードしても、初めからAndroid 5.0を搭載している新機種(上述のNexus端末を除く)と同様、暗号化は自動で有効化されないという。

 Android 5.0の実行に必要なデバイスの仕様を定めたGoogleの「Android Compatibility Definition」では、暗号化はデバイスを箱から取り出した瞬間に有効になることが「望ましい」と書かれている。

 今回なぜ方針が変更されたかは不明だ。端末の自動暗号化がパフォーマンスに重大な問題を引き起こしたのではないかと、Ars Technicaの記事は推測している。

提供:CNET/CBS Interactive
提供:CNET/CBS Interactive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集