軍用輸送ヘリ「CH-47F Chinook」--デジタルコックピットなど機体の隅々まで写真で見る

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年02月28日 07時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「CH-47F Chinook」

 カリフォルニア州ストックトン発--10機の新しいCH-47F Chinookヘリコプターが先ごろ、カリフォルニア州陸軍州兵に納入された。旧型機の「CH-47D」と比べて性能が大きく向上している。作戦即応率が向上し、状況認識の機能が大幅に強化されている。

 「Common Avionics Architecture Structure」(CAAS)を搭載するCH-47Fは、多数のセンサとデータテクノロジを備えており、デジタル時代のChinookに仕上がっている。

 「自動飛行しているも同然だ。おそらく15年後には完全に自動になるだろう」。乗組員の1人はこのように語った。

「CH-47F Chinook」

 カリフォルニア州ストックトン発--10機の新しいCH-47F Chinookヘリコプターが先ごろ、カリフォルニア州陸軍州兵に納入された。旧型機の「CH-47D」と比べて性能が大きく向上している。作戦即応率が向上し、状況認識の機能が大幅に強化されている。

 「Common Avionics Architecture Structure」(CAAS)を搭載するCH-47Fは、多数のセンサとデータテクノロジを備えており、デジタル時代のChinookに仕上がっている。

 「自動飛行しているも同然だ。おそらく15年後には完全に自動になるだろう」。乗組員の1人はこのように語った。

提供: James Martin/CNET

  • このエントリーをはてなブックマークに追加