グーグル、子供向けアプリ「YouTube Kids」を米国でリリース

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年02月24日 07時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月23日、子供向けの新しい「YouTube」アプリを米国でリリースした。同社が初めて子どもをターゲットに社内で独自に開発した製品である。

 「YouTube Kids」アプリは無料で、「Android」搭載端末を対象にGoogle Playで提供されている。これと同時にGoogleは、「iOS」搭載端末向けの同アプリをAppleのApp Storeで提供開始した。

 同社は23日付けのブログの投稿で、「YouTube Kidsアプリ内の動画は、子供向けに適切なコンテンツのみに絞られている」と記した。「『Shows』『Music』『Learning』『Explore』という4つのカテゴリのチャンネルやプレイリストを利用できる。あるいは、火山模型の作り方、算数チュートリアル、電車に関する素晴らしい(そして果てしない)世界など、その家庭で特に興味のある動画を検索することができる」(Googleブログ)

 他の動画プロバイダーも類似のサービスを提供している。Netflixは独自の子供向けセクションを用意しており、Amazonは、子供が閲覧できるコンテンツの種類や閲覧時間を親が制御することのできる「FreeTime」を提供している。YouTubeも子供のみを対象とするアプリをリリースし、こうしたサービスに続いた。

 Googleはこれまでの1年間で、社内の複数のチームが子供のみを対象とする製品を提供する方法を検討していると述べており、今回のアプリはその取り組みにおける最初の一歩となる。Googleは2月初旬、人気の高い子ども向けのストーリーテリングアプリ「Toontastic」の開発元Launchpad Toysの買収を発表している。

 YouTube Kidsは、DreamWorksやJim Hensonによるプログラムなど、広範囲にわたる子供向けコンテンツを提供している。子供が好きなプログラムを選択しやすいようにアイコンが大きくなっており、また、親が視聴時間、検索可能なコンテンツ、音声を制御できるようにするためのペアレンタルコントロール機能が提供されている。Googleは同アプリを「近いうちに」、子供用タブレットである「Kurio」と「nabi」向けに提供する予定だ。

提供:YouTube
提供:YouTube

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加