Snapchat、新たな資金調達で評価額最大190億ドルか

Nic Healey (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ)2015年02月19日 10時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Snapchatの幹部が新たな資金調達ラウンドをめぐってファンドマネージャーと「協議を進めており」、5億ドルの調達を目指していることを「事情に詳しい筋」が明らかにしたと、Bloombergが報じている。

 今回の資金調達でSnapchatの評価額は160億~190億ドルに達し、配車サービスを提供するUberとスマートフォンメーカーのXiaomi(小米科技)に次いで、ベンチャーキャピタリストの支援を受ける新興企業の中でも上位3位に入る可能性があると報じられている。

 Snapchatはこの報道についてのコメントを控えた。

 Snapchatは、閲覧後数秒で画像が消失する写真共有サービスとして、2011年にスタートした。同サービスはその後、動画機能やチャット機能を追加したほか、最近になって、米CNNやThe Food Network、Viceなどと連携し、コンテンツ配信サービス「Discover」を開始している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加