リアルSUMOU、PAC-3、ピカソ作品、タルボサウルスなどが“降臨”--ニコニコ超会議2015

佐藤和也 (編集部)2015年02月18日 16時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドワンゴならびにニワンゴは2月18日、ニコファーレにて「ニコニコ超会議2015発表会」を開催。4月25日と26日に行われる「ニコニコ超会議2015」の各種追加情報を発表した。

 今回規模を拡大して行うニコニコ超会議2015。40以上のブースに64の企業や団体が出展するとあり、100以上のブースが用意されているという。

今回の会場イメージ図
今回の会場イメージ図
  • ドワンゴ取締役の夏野剛氏。先日行われたゲーム特化のイベント「闘会議2015」について、「まだ確定してないけど、赤字は出た」とひとこと

  • 企業ブースとして出展する各社

  • 企業だけではなく、高知県や鳥取県といった名前もある

 まず前回のニコニコ超会議3でも話題になった、本物の土俵と幕内力士による取り組みを行った「大相撲 超会議場所」が今回も開催。白鵬、日馬富士、鶴竜の三横綱をはじめとする幕内力士や親方など総勢250名が大相撲巡業として登場。このほか、来場者が力士と対戦できる「わんぱく土俵祭り」を開催するほか、ニコニコ動画で人気のMAD動画シリーズを再現。“RIKISHI”の体からほとばしるオーラとともに、通常の相撲では見られない迫力ある「リアルSUMOU」を披露するという。

 注目度の高い自衛隊ブースについては、航空自衛隊の「地対空誘導弾 ペトリオットシステム(PAC-3)発射機」の展示が決定。また今回も陸・海・空が揃っての参加が予定されている。

 規模を拡大したニコニコ超会議2015の待ち合わせ場所として使える“目印”として、国立科学博物館から全長約9メートルもある肉食恐竜のタルボサウルスの等身大化石のほか、複数の恐竜の化石が出張展示するという。

  • 前回の大相撲超会議場所より

  • PAC-3。任務の状況によっては模型展示になる可能性があるという

  • タルボサウルスの化石

 超描いてみたエリアでは、ピカソの作品(絵画、陶器)を展示。ニコニコで活動する絵師たちの作品と、ピカソの作品を一緒に並べるといった企画が予定されている。

 会場内の神社に参拝するニコニコ超神社では、超会議では初めてとなるライドアトラクションとして、ベルトコンベアを設置。滞留が起きないようにするための施策としている。

 このほか「まるなげひろば」や「超ゲームエリア」、「超コスプレひろば」、「超演奏してみた」、「超描いてみた」などはスペースを拡大。幕張メッセの展示ホール内だけでなく、通路や休憩スペースもユーザーに開放し、大道芸や演奏、似顔絵、マジックなど自由に使用できるユーザーのためのパフォーマンスエリア「まるなげストリート」を新たに設置するという。

  • 幕張メッセの通路に、パフォーマー向けのスペース「まるなげストリート」を設置

  • ニコニコ超神社でベルトコンベアを設置。流れるように参拝ができる

  • 超ゲームエリアの企画のひとつとして、日米トッププレイヤーによる「大乱闘スマッシュブラザーズ」の対決が予定されている

 また併催イベントとして「THE VOC@LOID 超 M@STER 31」」や「博麗神社例大祭 超濃縮版」、「ゲ-ムマーケット超出張版」、「TRPG即売会 in 超会議」を実施するほか、「超コミケットスペシャル」と題し、世界最大規模の同人誌即売会コミックマーケットが、初めて他イベントに企画出展を行うとしている。

 なお、ニコニコ超会議にあわせて幕張メッセのイベントホールにて開催されていたステージイベント「ニコニコ超パーティー」については、10月25日にさいたまスーパーアリーナで単独開催することもあわせて発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加