「コンピュータの父」A・チューリングの手書き原稿--4月に競売予定のノートを写真で見る - 6/14

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年02月19日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Turing氏は1946年2月19日、今ではよく知られているACE に関する報告書「Proposal for the Development in the Mathematics Division of an Automatic Computing Engine」を、英国の国立物理学研究所(the National Physical Laboratory)の会合の場で提出した。これは、データと命令をメモリに格納できるコンピュータの設計について述べた画期的な論文となった。

 そして1950年、国立物理学研究所は「Pilot ACE」を完成させた。世界最初のいわゆるプログラム内蔵式コンピュータの1つであるPilot ACEは、約800本の真空管を使用し、クロック周波数は1MHzだった。
Scroll Right Scroll Left

 Turing氏は1946年2月19日、今ではよく知られているACE に関する報告書「Proposal for the Development in the Mathematics Division of an Automatic Computing Engine」を、英国の国立物理学研究所(the National Physical Laboratory)の会合の場で提出した。これは、データと命令をメモリに格納できるコンピュータの設計について述べた画期的な論文となった。

 そして1950年、国立物理学研究所は「Pilot ACE」を完成させた。世界最初のいわゆるプログラム内蔵式コンピュータの1つであるPilot ACEは、約800本の真空管を使用し、クロック周波数は1MHzだった。

提供: James Martin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]