「コンピュータの父」A・チューリングの手書き原稿--4月に競売予定のノートを写真で見る - 4/14

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年02月19日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 これらの数式は、ナチスの暗号機(「Enigma」など)が生成したコードの解読に協力するため、Turing氏がブレッチリーパークに勤務していた1940年~1942年に書かれたもの。

 歴史学者らによると、ブレッチリーパークでの功績によって、第二次世界大戦の終結が2~4年ほど早まったという。

 このノートからは、Turing氏が日中、それが暗号解読に取り組んでいる間であっても、時間を見つけては純粋数学の解析を続けていたことが分かる。
Scroll Right Scroll Left

 これらの数式は、ナチスの暗号機(「Enigma」など)が生成したコードの解読に協力するため、Turing氏がブレッチリーパークに勤務していた1940年~1942年に書かれたもの。

 歴史学者らによると、ブレッチリーパークでの功績によって、第二次世界大戦の終結が2~4年ほど早まったという。

 このノートからは、Turing氏が日中、それが暗号解読に取り組んでいる間であっても、時間を見つけては純粋数学の解析を続けていたことが分かる。

提供: James Martin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]