logo

パナソニック、Netflix対応の新「VIERA」--高輝度IPSパネル搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは2月17日、液晶テレビ「VIERA」シリーズに、Netflix(ネットフリックス)に対応した「CS650」シリーズ2機種と、録画もできるシンプルモデル「C300」シリーズ1機種を発表した。発売は3月上旬。

  • 「CS650」シリーズ

 CS650は、49V型の「TH-49CS650」(想定税別価格:17万円前後)と43V型の「TH-43CS650」(同:13万円前後)の2機種をラインアップ。高輝度IPSパネル採用し。明るいシーンでも、立体感のある描写が可能。上下左右178度の広い視野角をもつIPS方式により、斜めから見ても黒が締まって見え、コントラストが高く色彩豊かな映像を楽しめる。映像コマ数を通常の2倍に表示する「倍速駆動」により、速い動きもクリアに再現するという。

 従来モデル比5.5倍の大容量スピーカーボックスを採用した「ダイナミックサウンドシステム」を搭載し、歪みを抑えた豊かな低音を再生。最大出力30Wの高出力アンプで音声出力を強化し、臨場感あるサウンドを実現した。

 BDレコーダー「DIGA」に録画した番組を別室のVIERAで視聴する「お部屋ジャンプリンク」や、放送中の番組や録画を、スマートフォンやタブレットに転送して視聴できる「外からどこでもスマホで視聴」に対応。2015秋にサービス開始が予定される映像配信サービスNetflixにも対応している。

  • 「C300」シリーズ

 C300シリーズは、19V型の「TH-19C300」(同:3万7000円前後)は、お部屋ジャンプリンク対応に加え、「放送転送機能」のあるDIGAやVIERAから転送された放送番組の「追っかけ再生」を受信して、アンテナ線の無い部屋でもテレビ番組の視聴が可能。別売のUSB HDDへの番組録画に対応し、録画した番組は、LAN経由で接続したDIGAにダビングすることも可能だ。USB HDDは8台まで登録できる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集