ソニー、音楽と6つのセンサでランニングをサポートするスポーツデバイス「Smart B-Trainer」

加納恵 (編集部)2015年02月12日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Smart B-Trainer SSE-BTR1」

 ソニーは2月12日、これ1台で音楽再生からランニングログ、心拍数記録などができるウェアラブルデバイス「Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)SSE-BTR1」を発表した。心拍数にあわせた楽曲を自動で再生する機能などを備える。発売は3月7日、想定税別価格は2万7000円前後になる。

 Smart B-Trainerは、ヘッドホン一体型のスポーツデバイス。スポーツ用のデジタルオーディオプレーヤー「ウォークマン W」シリーズ同様のデザインで、音楽再生ができるほか、GPS、心拍数、加速度、ジャイロ、電子コンパス、気圧と6つのセンサを搭載することで、ランニングした距離や消費カロリー、走行ルート、心拍数などのランニングログをとることができる。

  • ヘッドホン一体型の「ウォークマン W」同様のデザイン

  • 電源ボタンやボリュームボタンなどは本体に装備

  • ホワイト、ブラック、ブルー、ピンクの4色展開

 専用アプリ「Smart B-Trainer for Running(スマートビートレーナーフォーランニング)」と組み合わせて使用でき、Smart B-Trainer内のデータはBluetoothを介してスマートフォンに転送可能。過去履歴などを見ながらトレーニングすることができる。

 トレーニングはベーシックコースとプレミアムコースを用意し、ベーシックコースは走行距離、速度などを測定しながらランニングすることが可能。ランニング中は走行距離やペースを音声で伝えるほか、準備運動などのやり方などもサポートする。

 プレミアムコースは、ナイキランニングアドバイザーである金哲彦氏が監修したメニューと、スポーツブランドアシックス提携によるメニュー(2015年春に提供開始予定)の2つをそろえる。ベーシックコースはアプリのみで使用できるが、プレミアムコースはSmart B-trainerのデバイス購入者のみが使用可能だ。アプリのダウンロードは無料で、プレミアムコースも追加課金などの必要はない。

  • ベーシックとプレミアムの2つのトレーニングメニュー

  • 走行距離や時間、平均ペース、消費カロリーなどが記録できる

  • スマートフォンアプリを連動して履歴も見られる

 本体には16Gバイトのメモリを内蔵し、ランニングログや楽曲データを保存できる。心拍数に応じて楽曲を自動で選曲できる心拍トレーニングを搭載していることが特長で、効率的で安全なトレーニング効果が得られるとのこと。心拍数が高い時はスローテンポ、低い時はアップテンポの曲を再生することで、トレーニングのペースが保てる。

 デバイス内の楽曲データは、テンポごとに分類されるほか、ランニング用として30曲の楽曲データがプリインストールされている。なお、Bluetooth接続しているスマートフォン内の楽曲をトレーニングに利用することも可能。デバイス内とスマートフォン内の楽曲データをミックスして使用することはできない。

  • 同梱品。キャリングポーチ、イヤーピース、調整バンドなどを付属する

 スマートフォンに転送したランニングログは、スマートフォン内に保存され、累積記録のほか、ラップタイム、走行ルートで聞いた楽曲リストなどが表示可能。プレミアムメニューの金哲彦氏のトレーニングメニューを選択すると、コーチからのアドバイスでトレーニングを振り返れる。

 重量は約43g。内蔵リチウムイオン充電池で駆動し、約1.5時間の充電で、約3時間(トレーニングメニュー作動、GPS、Bluetoothオン)、約6時間(音楽再生のみ、GPSオフ、Bluetoothオフ)の使用ができる。通常のイヤーピースに加え、水泳用のイヤーピースも同梱。調整バンド、USBクレードル、心拍センサ調整カバーなども付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加