logo

ドローンを手がけるDJIも--マイクロフォーサーズ規格に国内外の3社が賛同

坂本純子 (編集部)2015年02月10日 19時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスイメージングとパナソニックは2月10日、2008年から共同で進めるマイクロフォーサーズシステム規格にDJIとJCD Optical、日本のフローベルが賛同したと発表した。3社は今後、同規格に準拠した製品を開発する。

 マイクロフォーサーズシステムは、レンズ交換式デジタルカメラにおける共通規格の1つだ。注目のドローン(マルチコプター)を手がけるトップメーカーDJIと、中国を基盤に光学レンズを開発生産するJCD Optical、最先端光学製品の開発を手掛けるフローベルの3社が参加することで、さらなるラインアップの発展性が期待できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]