富士フイルム、高性能AF搭載のコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XQ2」発売

エースラッシュ2015年02月06日 18時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは2月5日、高性能AF搭載のコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XQ2」を2月26日より発売すると発表した。


「FUJIFILM XQ2」

 XQ2は、約206gの軽量コンパクトボディに、有効画素数1200万画素の「2/3型 X-TransTM CMOS II」センサやF1.8フジノンレンズを搭載したモデルだ。0.06秒の高速AFに加え、ピントが合っているエリアを自動的に最大9点表示する「マルチターゲット オートエリアAF」を新採用。高速画像処理エンジン「EXRプロセッサー II」により、起動時間0.99秒、シャッタータイムラグ0.015秒、撮影間隔約0.3秒を実現している。

 多彩な色再現や階調表現が可能な撮影機能「フィルムシミュレーション」には、深みのある色合いと豊かな陰影の写真表現が可能な「クラシッククローム」モードを搭載。そのほか、13種類の項目から好みの設定を割り当てられるコントロールリング、撮影画像をスマートフォンやタブレット端末へ簡単に送れるWi-Fi機能なども備えている。カラーはブラック、シルバー、ホワイトの3種類。市場想定価格は4万5000円前後。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加