限定ポータルをハックできる「イングレス」の展示も--メディア芸術祭が開幕 - (page 2)

井指啓吾 (編集部)2015年02月04日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再現されたストーリー

 Ingressの世界が現在の状況になってしまったのは、「啓示の夜(エピファニー・ナイト)」と呼ばれる2012年11月30日のこと。エキゾチック・マター(XM)の研究を目的とする「ナイアンティック計画」が終了する予定だった日である。

 何が起こったのか正確な情報は伝えられていないが、同計画に携わっていたオリバー・リントン・ウルフ博士が、意図的か事故か、パワーキューブの実験を通して研究所をかつてないほど大量のXMにさらした。

 混乱の中、記号論学者のキャリー・キャンベルは奇妙な模様を床に描き始め、キャリーの友人であるエノック・ダルビーは作曲を始め、ウルフ博士はXMの方程式をコード化し始めた。その激しさは狂気に達した。

 XMは人の精神に影響を与えると言われている。彼らが啓示の夜に書き残したメッセージの一部が、会場の床に記されている。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]