logo

LINE、売上高が前年の2倍に--月間アクティブは1億8000万人

藤井涼 (編集部)2015年01月30日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは1月29日、2014年通期と2014年10~12月期(Q4)の業績を発表した。

 10~12月期の全体の売上額は261億円(前四半期比10%増、前年同期比78%増)となり、2014年通期の売上額は863億円(前年通期比114%増)だった。また、基幹事業であるLINE事業単体の10~12月期の売上額は236億円(前四半期比10%増、前年同期比84%増)、2014年通期の売上額は774億円(前年通期比126%増)だった。

  • 通期の業績比較

 LINEの月間アクティブユーザー数(MAU)は約1億8100万人で、トップシェアを占める3カ国(日本、タイ、台湾)のMAUは約9200万人。また、トルコで1000万ユーザーを突破し、1000万ユーザーを超える国は計13カ国になった。

 スタンプ事業では、アジア地域を中心に、アニメーションスタンプ(動作付きスタンプ)が好調だという。また、ユーザーが自作スタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」では、2014年5月のサービス開始から6カ月となる11月時点で登録クリエイター数が世界145カ国・27万人となった。売上げ10位までのスタンプ平均販売額は3680万円となる。

 ゲーム事業では、2014年第4四半期に6つの新規タイトルをリリース。今後はカジュアルゲームだけでなく、RPGなどミドルコアジャンルのタイトルも上半期を目処に提供していく予定。さらに、タイや台湾などアジアの現地ゲーム開発会社と提携し、各市場に特化したゲームタイトルを提供する。

 このほか、2014年秋以降はモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」、フードデリバリーサービス「LINE WOW」など、生活領域のサービスも手がけている。同日には高級弁当を配達していたLINE WOWで、1000円以下の低価格帯ランチメニューや有名店のスイーツなどを新たに販売することも発表された。

-PR-企画特集