スクエニ、アーケード向け新作「スクール オブ ラグナロク」--闘会議、JAEPOに出展

佐藤和也 (編集部)2015年01月29日 15時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスは1月29日、アーケード向け新作タイトル「スクール オブ ラグナロク」を発表した。稼働時期は2015年を予定。

  • スクリーンショット

 本作のプロデューサーには「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズや「LORD of VERMILION」シリーズなどを手掛けてる柴貴正氏、シナリオや世界観設定には「ダンガンロンパ」シリーズを手掛けているスパイク・チュンソフトの小高和剛氏、キャラクターデザインには「テラバトル」などを手掛けるミストウォーカーの藤坂公彦氏が担当するなど、メーカーの枠を越えたクリエイターが参加している。ゲーム内容の詳細は明かされていないが、ゲームジャンルは「オンライン1vs1タクティカル5Dアクション」と題された完全新作としている。

 音楽面では、メインテーマの作曲には「ニーア ゲシュタルト/レプリカント」などを手がけたモナカの岡部啓一氏が、作詞と歌唱はアーティストの高橋洋子さんが担当している。ティザーサイトには、メインテーマ曲を使用したトレーラーも公開している。

 なお2月1日14時から、幕張メッセで開催される闘会議2015でスペシャルステージを開催。ゲーム実況者集団「M.S.S Project」による本作のプレイ動画を初公開する。また2月14日に幕張メッセで開催されるジャパンアミューズメントエキスポ2015(JAEPO2015)では、スペシャルステージとともに、初めて試遊出展を行う。ステージ観覧や試遊をしたユーザーには、「LORD of VERMILION」や「ガンスリンガー ストラトス2」などのキャンペーンコードが入ったスクウェア・エニックスアーケードスペシャルカプセルをプレゼントする。

  • スクリーンショット

  • (C)2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加