logo

「Nexus 6」、アップルのAuthenTec買収で指紋センサ搭載を断念?--モトローラ元CEO

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年01月27日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Nexus 6」に指紋センサが搭載されなかった理由が、「iPhone」のメーカーのAppleにあると、Motorola Mobilityの元最高経営責任者(CEO)Dennis Woodside氏が語った。

 英国のThe Telegraphが、Woodside氏の話として現地時間1月26日付けの記事で報じたところによると、Nexus 6をGoogleと共同開発したMotorola Mobilityは、Nexus 6の背面に指紋センサを取り付ける計画だったが、Appleが2012年に指紋センサメーカーのAuthenTecを買収したため、最終的にその計画を断念したという。

 Nexus 6の背面にはくぼみがあり、そこにMotorolaのロゴが付いているが、「実のところ、その部分は指紋認証装置になるはずだった。だが、Appleが最も優れたサプライヤを買収してしまった」とWoodside氏はThe Telegraphに対して語った。「そのため、業界では他のすべての会社が2番目に優れたサプライヤーを利用するしかなくなったが、そのようなサプライヤはまだ存在しなかった」

 指紋センサ技術はかなり前から存在しているが、スマートフォンやタブレットにとっては比較的新しい技術だ。Appleの「iPhone 5s」はこの技術を初めて搭載したスマートフォンで、指紋を「読み取り」、ホーム画面の表示やアプリの起動など一定の操作を実行できる。

 Appleは2012年にAuthenTecを3億5600万ドルで買収した。AuthenTecが提供していた技術は、市場の他社がどこも持っていないもので、ユーザーがセンサの上に指を乗せるだけで、指紋を読み取って認識することができる。だが、当時、Synapticsに買収されたValidity Sensorsなど、他の大手センサメーカーの技術では、センサ上で指を滑らせる必要があった。

 AuthenTecの買収から間もなく、AppleはiPhone 5sの「Touch ID」に採用するため、その技術を独占した。この同じ技術は、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」、そして最新型の「iPad」にも搭載されている。

提供:Josh Miller/CNET
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集