[ブックレビュー]独立の不安から解放されるバイブル--「フリーランスのための一生仕事に困らない本」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイヤモンド社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 256ページ / ダイヤモンド社 / 価格:1620円 / 著者:井ノ上陽一 / 発売日:2014/12/12 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×13.4cm×2.6cm / 重量:0.3 kg
内容:フリーランスとして独立した後襲ってくるさまざまな不安。そうした不安を1つずつ取り除き、どんな行動を取ればよいか教えてくれるバイブル的書籍。お金の管理から仕事の受け方まで、だれも教えてくれないトピックが凝縮されている。
Amazon.co.jpアソシエイト

 フリーランスとして、会社から独立してしばらく経つと、さまざまな不安が襲ってくる。「このまま仕事がなかったらどうしよう」「単価の安い仕事ばかりで収入がおぼつかない」「忙しすぎて、本当にやりたい仕事を断らざるを得ない」など、不安の種は枚挙に暇がない。フリーランスは一人だから誰も仕事のやり方を教えてはくれないし、お金の管理の仕方も教えてくれない。だからこそ本書のようなフリーランスが取るべき行動を教えてくれる本はありがたいのだ。

 井ノ上氏は税理士でありながら、さまざまな活動をしている。そのため本書は、特定の業界のフリーランスに限った話ではなく、フリーランス全般に役立つ内容になっている。安い単価で受けてしまいがちな仕事の問題について、どのような仕事をどれくらいの単価で受けるべきか、例を挙げて指針を示しているのは、特筆すべき点だ。これは、同じフリーランス同士でも、否、同業者であるほど、聞きにくい問題であるし、センシティブな内容であるからだ。

 ほかにも、ブログを使用した自分メディアの発信方法や、特に今の時期に役立つであろう確定申告のやり方など、フリーランスとして仕事を続けていくならば、知っておきたいトピックが凝縮されている。フリーランスのバイブルとして読んでおくことをお勧めする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加