logo

ツイキャス、4つの「チャンネル」実装--マッチング効率向上ねらう

井指啓吾 (編集部)2015年01月22日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブ配信サービス「TwitCasting(ツイキャス)」を運営するモイは1月22日、ツイキャス運営側のおすすめライブを、ユーザーが自分の好きなジャンルに固定できる「チャンネル機能」を公開した。配信者と視聴者とのマッチング効率を上げたい考えだ。

 チャンネルは「ミュージック」「アニメ」「ガールズ」「ボーイズ」の4つ。配信内容やユーザー特性をもとに、ライブ配信を各チャンネルに自動的に振り分けるという。チャンネル数は今後さらに増やす予定とのことだ。

 ツイキャスではこれまでも「ツイキャス・ビュワー」で人気の配信を、リアルタイムに100配信ずつおすすめしていた。しかし配信者数と配信数が増えるにともない、多くのユーザーから「もっと好きな配信を見つけやすくしてほしい」という声が上がっていたという。

  • チャンネルの利用方法

 モイによれば、現在、ツイキャス内でカテゴリごとにさまざまな文化ができている。たとえばミュージック関連では、弾き語りをしてファンを獲得する「ギター女子」が流行っているという。

 マッチング効率を上げることは、ユーザー間のコミュニケーション活性化につながる。「配信者がファンを獲得しやすい環境を整えたい。さらに、ツイキャス内での多様な文化作りのお手伝いができれば」(担当者)。

-PR-企画特集