可愛さ追求した“ハート型”ケータイ「Heart」—ワイモバイルから3月下旬発売

藤井涼 (編集部)2015年01月21日 13時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイモバイルとウィルコム沖縄は1月21日、ハート型デザインのPHS「Heart 401AB」を3月下旬に発売することを発表した。ファッションやオシャレに敏感で、こだわりのあるアイテムを持ちたい女性がターゲット。ウェブやSNSを中心に利用するスマートフォンと、通話を中心に利用するHeartの2台持ちを想定しているという。価格は1万2600円で、3年契約を前提とした分割払いでの実質負担額は月額350円。

 Heartでは、女性の手にもフィットする軽くてコンパクトなボディサイズや、持ちやすいラウンドフォルムデザインを採用。待受け時にはハート型、使用時にはストレート型に変形するギミックを搭載している。また、ボディに浮かび上がる液晶表示によって高級感を演出するほか、タッチセンサによる操作も可能にした。電話帳は100件まで保存でき、スマートフォンからアプリを通じて簡単に転送できる。

  • ハート型デザインのPHS「Heart 401AB」

  • 中央からねじれるように変形する

  • ストレート型に変形した。端末を直接フリックしたり、ダブルタップしたりすることで通話ができる

  • カラーはパールレッド、パールブラックの2色。

  • SNSやウェブ閲覧は従来のスマートフォンで、音声通話はHeartで利用するシーンを想定

  • 可愛さを追求したデザインとなっている

 ワイモバイル(イー・アクセス/ウィルコム)ではこれまで、フリスクサイズの小型PHS「ストラップフォン」や、固定電話型PHS「イエデンワ」など“通話”に特化したプロダクトを販売してきた。 今回発売するHeartは、画一的なスマートフォンのデザインに一石を投じるために開発したと説明。長年、PHSを手がけてきた同社だからこそ、中央で分断する特殊なデザインなども実現できたという。

 本体サイズは、ハート型時が幅約68mm×高さ約68mm×厚さ約26mm、ストレート型時が幅約43mm×高さ約93mm×厚さ約26mm。重量は約54g。連続待受時間は約160時間で、連続通話時間は約2時間。カラーはパールレッド、パールブラックの2色。製造メーカーはエイビット。


 同社では、発売にあわせて各社とさまざまなコラボ企画を実施。バンダイとともに「セーラームーン」デコレーションキットを販売するほか、自由が丘スイーツフォレストと限定スイーツメニューも販売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加