病院内で薬や食事を運搬--Aethonの自律移動ロボット「TUG」を写真で見る

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年01月19日 13時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自動化技術で支援

 米国時間2015年2月1日にミッションベイに開院予定のカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)メディカルセンターは、子供と女性、がん患者を対象とする最先端の病院だ。

 同病院内の多くの最先端設備には、外科手術や診察、分析に関連するさまざまなツールが含まれるが、それ以外のものもある。

 この病院の廊下を歩く医師たちは、そこで働く新しい同僚、つまりロボットに慣れる必要がある。

 Aethonが自律移動ロボット「TUG」を提供する。病院内の物を運び、補給するプロセスの自動化を支援し、食事や医薬品、物品などを運搬して、看護師の作業効率化を図る。
Scroll Right Scroll Left

自動化技術で支援

 米国時間2015年2月1日にミッションベイに開院予定のカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)メディカルセンターは、子供と女性、がん患者を対象とする最先端の病院だ。

 同病院内の多くの最先端設備には、外科手術や診察、分析に関連するさまざまなツールが含まれるが、それ以外のものもある。

 この病院の廊下を歩く医師たちは、そこで働く新しい同僚、つまりロボットに慣れる必要がある。

 Aethonが自律移動ロボット「TUG」を提供する。病院内の物を運び、補給するプロセスの自動化を支援し、食事や医薬品、物品などを運搬して、看護師の作業効率化を図る。

提供:James Martin/CNET

  • このエントリーをはてなブックマークに追加