LGの曲面スマートフォン「G Flex 2」第一印象--5.5インチでハイエンド - (page 3)

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2015年01月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラと動画

 前面には、ビデオチャットと自分撮り用に、2.1メガピクセルのカメラが付いている。自分撮り写真の人気を受けて、LGはモーション認識機能を組み込み、棒の先や伸ばした手にあるカメラが下におろされると、それを認知できるようにした。この動きを検知すると、人間が手動で操作しなくても、最後に撮影した写真のプレビューが表示されるようになっている。

 また背面には、フルHD動画を撮影できる13メガピクセルカメラを搭載している。G3と同じく、このカメラはレーザーを使ったオートフォーカス機能、デュアルフラッシュ、光学手ぶれ補正機能を持っている。以下の筆者が撮影したスナップ写真で、このカメラで撮影した写真の品質を確かめてほしい。

提供:Lynn La/CNET
フルーツ盛りを近くから撮影した写真。クリックで拡大。
提供:Lynn La/CNET
提供:Lynn La/CNET
カメラに笑いかける、米CNETの記者。クリックで拡大。
提供:Lynn La/CNET

結論

 曲面スマートフォンを作っているモバイルメーカーは、LGだけではない。韓国のライバル企業であるサムスンも、初代G Flexより前の2013年10月に「GALAXY ROUND」を発売している(こちらは水平方向に曲がっている)。だが、G Flexとは違って、GALAXY ROUNDはそれほど広がらなかった。たとえば、米国では最後まで発売されなかったし(それに対しG Flexは3つの大手キャリアから発売された)、サムスンはまだ後継機を作る計画は発表していない。

 しかしG Flex 2を見る限り、LGは曲面スマートフォンの分野をリードしていく可能性がある。LGは意識的にこのデバイスにハイエンドの性能を持たせることで、ユーザーの興味を引こうとしている。曲がったスマートフォンに興味がなくても、最高水準のプロセッサと超鮮明なディスプレイを持つスマートフォンならどうだろうか?当然ながら、この変わったハードウェアの価格は、普通のスマートフォンよりも高くなるだろう。しかし、多くのハイエンドスマートフォンが成功していることからも分かるとおり、ユーザーにお金を払ってもらうには、十分なスペックを持っていることが重要なのだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]